新時代の日本は「世界で最も移民に開かれた国」を目指す

坂中提案

10年ほど前は、坂中移民政策論に関し、西洋の知識人から、「1000年以上も移民鎖国を続けてきた日本人が、今後50年間で1000万人もの移民を受け入れることができるのか」と批判された。

ところが、2016年を境に坂中移民国家構想をめぐる状況が一変した。今の私は、米国、フランスなどで人種差別・移民排斥・反イスラムの動きが強まるなか、日本型移民政策に基づく1000万人の移民受け入れを政府に迫っている。また、世界の知識人に向かって日本型移民国家の根本理念を開陳している。

英国、フランス、ドイツが移民を受け入れる余力を失い、また米国がメキシコとの国境線に高い壁を築く状況は、日本が移民政策で世界をリードするまたとない機会と認識している。1789年のフランス革命以後、世界に君臨してきた西洋文明の自由・平等・博愛の精神に翳りが見られるなか、日本古来の風習であるもてなしの心で異国の民を迎え入れ、世界の移民国家のモデル国として新世界文明の創造に貢献しようではないか。

さて、「人口崩壊に伴う国家の非常事態を移民の受け入れで克服する」という基本的立場に立って、私は日本発祥の新機軸の移民国家の創建を目ざした。実務家が中心の欧米の移民政策の専門家とは目的意識も発想もスケールも異なる。移民政策にかける情熱では人後に落ちない。日本の生き残りをかけて決死の覚悟で臨んだ。結果、世界の移民政策理論の金字塔=人類共同体思想が固まった。

世界に類のない日本型移民政策を提唱しているだけでない。日本の国家目標として世界初の人類共同体社会の樹立を提案している。人種・民族・宗教の異なる人々が人類同胞として共に生きる社会の実現である。100年の歳月をかけて国の形を人類共同体国家につくりかえる壮大な計画だ。

さらに、日本の精神文化のたまものである移民革命思想は、地球規模での人類共同体と世界平和体制の確立を世界の人々に提案している。それは日本の移民政策の枠を超越し、世界の移民政策の変革を迫るものである。すなわち、欧米諸国で広がる移民排斥運動など人道に著しく反する現代世界のあり方を根本的に問いただすものだ。

日本が移民国家で世界の頂点をめざして歴史的な第一歩を踏み出せば、日本型移民国家の基本理念と根本規範は世界各国の模範になるだろう。とりわけ国民の間に人種差別の感情と排他的な考えが厳として存在する既存の移民国家の移民政策に影響が及ぶだろう。

2019年5月1日から日本の元号が変わる。改元を契機に時代の空気も変わる。希望に満ちた新しい日本を待望する国民世論が形成されるであろう。

新時代を象徴するキーワードを「世界で最も移民に開かれた国」とすべきというのが、移民政策研究所長の提案である。人材開国を行って世界の人材を日本の中に取り込むのだ。

人口ピラミッドがひっくり返る日本の未来を想像すると暗澹たる気持ちに襲われる私は、移民国家日本の建国に一縷の光明を見いだす。

 

« »