1. TOP
  2. 政策提言
  3. 救世主

救世主

私の立てた移民国家ビジョンを真っ先に評価し、世界に発信したのは外国人ジャーナリストたちだった。国内の知的世界で孤立状況が続くなか、革命的な政策提言はまちがっていないと自信をもって移民政策の研究にまい進することができた。

逆境の時代、世界のメディアの評価がどれほど心の支えになったことか。正道を歩むよう背中を押してくれた。「救世主」「移民政策のエキスパート」「移民革命の先導者」「ミスターイミグレーション」の名で世界に紹介される光栄に浴し、これでもう前に向かって進むしかないと思った。勇気を奮い起こし、移民革命で人口崩壊の脅威が迫る日本を救う覚悟を決めた。

一例を挙げる。2006年3月のジャパンタイムズに載った「The doomsday doctor」(救世主)という見出しの記事である。まず、その「救世主」という恐れ多い表題に驚いた。それを見て、日本存亡の危機を救う責任の重さに身の縮む思いがした。鋭い観察眼の持ち主が書いた示唆に富む論文から私の生きる道を悟った。その時、日本史上前例のない移民政策で空前の人口問題を解決することが私の使命であると心に決めた。以後、わたしは「日本の救世主」という重い十字架を背負って生きてゆくことになる。

この文章を書いたのは英国の『ザ・インディペンデント」東京特派員のディビット・マックニールさん。日本語が堪能なイギリス人記者は、私が2005年3月に出版した入管時代の最後の著書――2000万人の移民を理想的な形で受け入れた場合の「2050年のユートピア」を描いた『入管戦記』(講談社刊)を丹念に読んでおられた。冒頭、「坂中英徳は日本の人口危機を治癒しようとしているが、誰も注意を払おうとしない」と指摘し、続いて坂中の「移民50年間2000万人」のユートピア社会を紹介した。

「坂中は最近、少子高齢化による地域社会の崩壊の危機と、牢固とした低い出生率(2004年の出生率は1・28に低下)に警鐘を鳴らし、官僚の殻を破って『50年間で2000万人の移民受け入れ』を示唆した。
坂中は『入管戦記』という著書で、慎重に言葉を選び、かつユートピア物語と断っているが、『日本は多民族社会になり、アジア全域から移民をひきつける国にならなければならない』と初めて提案した人だ」