政策実現の幸運をつかんだ元官僚

坂中提案

移民国家の実現に前途遼遠を感じることがあった60代の後半は元気がなかった。前途に灯りが見えた70代になって気分が若返ったように感じる。

いま現在は、老いて夢がふくらむ人生をエンジョイしている。頭に浮かんだインスピレーションを移民政策研究所のホームページで紹介し、さらにそれを一冊の本にまとめるのが習慣になり、移民政策研究に拍車をかけている。洞察力、発想力の衰えは感じない。いや、移民をキーワードに人口減少社会の抱える問題の核心に迫る筆力は今がピークなのかもしれない。この貴重な時間を大切に使わなければならない。

さて、タブーとの闘いの入管人生であったが、センセーションを巻き起こす論文を書き続けて今日まで生きてきた。法務省時代、私はよく入国管理局の幹部から、「自分が提案した政策を実現することができたのだから、君の役人人生は幸せだなあ」と言われた。2005年に退任のあいさつで訪れた際、当時の法務省の最高幹部から、「坂中さんの歴史は入管の歴史そのものだった」という過分の言葉をいただいた。

もしかすると、問題を発見する能力と、解決策を立案するひらめきと、勝負どころで決める第六感を、天性として授かったのかしれない。あるいは、奇想天外のアイディアが湧き出る異能の持ち主なのかもしれない。いずれにしろ、社会に衝撃を与える政策論文を世に問い、まぐれ当たりのホームランを連発する幸運をつかんだことは確かである。

最近に至り、天運に頼って国家の大事をなすのはよくないという思いがつのる。これまでの人生で運を使い切ったと思っている。もうこれ以上の運を期待してはならないのだろう。私のことよりも新しく生まれる移民国家の国運が盛んになることのほうが大事だ。

移民国家の建設については、移民革命を先導する私が先頭に立ち、国民の心を一つにまとめる決意である。ライフワークは天の助け借りずに自分の力で何とかしたいと思う。

« »