政策が次々と実現した役人人生

坂中提案

我が入管人生はつらいことばかりであったのだろうか。世間一般の常識からすればそうだとしか言いようがない。荒海に舟をこぎ出し、荒波にもまれ、難航が続く入管生活だった。

在日韓国・朝鮮人の法的地位問題(1975年)を皮切りに、中国人偽装難民事件(1989年)、フィリピン人人身売買事件(1995年)、日系ブラジル人問題(2000年)、北朝鮮残留日本人妻救出問題(2002年)、そして人口減少社会の日本の移民政策(2004年)など、出入国管理行政上の困難な問題に取り組んできた。

行政官時代、当面する最重要の外国人問題にひとりで立ち向かい、休まるひまがなかった。非難と罵倒の集中砲火を浴び、心おだやかな時は少なかった。

そんないばらの道を歩んできたが、幸運に恵まれ、政策が次々と実現したことが唯一の心の救いとなった。私はよく、法務省の上司や同僚から、「自分が提案した政策を実現できたのだから、君の役人人生は幸せだなあ」と言われた。

私の役人生活は、「問題提起」と「政策実現」のふたつに代表される充実したものであった。文字どおり役人冥利に尽きるといってもよいであろう。

現在は理想の移民国家の創建に挑んでいる。大化の改新以来1300年続く移民鎖国という日本に残された最大のタブーとの闘いである。政策の実現までには長期戦を覚悟している。

« »