政治家と革命家の関係につて

坂中提案

2014年末、英国人ジャーナリストから、「革命的な移民国家構想を提言している坂中さんに官邸から圧力がかからないのですか」と聞かれた。私は「四面楚歌の状況に変わりはないが、永田町から坂中構想に対する批判、圧力は一切ない」と答えた。

事実、この10年間、日本政府は、移民革命を唱えるラジカルな革命家を敬して遠ざけるというか、本来政治家のやるべき仕事を民間人にやらせて世論の反応を見るというか、国家公務員時代の実績に配意したというか、その真意のほどはともかく、坂中英徳を自由放任でほうっておいた。それを好機ととらえ、天衣無縫に移民革命論を展開した。移民政策の立案は私の独り舞台に終始し、移民国家の理想像を思いのままに描いた。

私は新刊が出るたびに政府首脳に献本した。坂中移民国家創成論は年を追って理論体系が整って説得力を増したが、官邸は移民国家論の進展を注意深くウォッチしていたのではないかと、最近ふと思った。それを裏付けるものがある。

2015年6月、内閣官房の主要幹部らを相手に「日本型移民国家への道」の題で講演した。20名のエリート官僚が私の話に耳を傾けた。私の提案に対して「グッドアイディア」という感想を述べた。講演が終わったとき、若手官僚の間から拍手が起きた。

ここに至って、ミスターイミグレーションと官邸の間には切っても切れない関係が成り立っていると実感する。そのような見方が正しいとすれば、政府首脳の暗黙の了解のもとで大きな夢を追い求め、人類学的な視点から遠大な移民国家構想を立てた坂中英徳は「日本一の幸運児」といわなければならない。

« »