排外主義者、国粋主義者の人身攻撃に負けない

坂中提案

 法務省入国管理局に勤務していた1975年に「今後の出入国管理行政のあり方について」(以下「坂中論文」と略称)という論文を発表した。その中の「在日朝鮮人の処遇」をテーマにした一篇で「在日朝鮮人が自ら進んで日本国籍を取りたいという気持ちになるような社会環境づくりに努めるべきだ」と提案した。
 するとすぐに大きな反響があった。在日韓国・朝鮮人はもとより、民団や朝鮮総連などの民族団体、民族差別と闘うあまたの運動体、進歩的文化人、大学教授などから、「我々には朝鮮民主主義人民共和国という立派な祖国があるのに、帰国の道を閉ざすつもりか」「同化政策のいっそうの推進を打ち出したものだ」「文字通りの抑圧者の論理である」「冷酷な法務官僚」などという批判、抗議が殺到した。当時、活動が活発だった過激派からは、「打倒!坂中」のスロ-ガンを掲げたデモ行進の標的にされた。手に入った批判文、抗議文のたぐいは丹念に読んだ。実際、私に送られてきた「反坂中論文」のビラやパンフレットなどを含む印刷物はゆうに1000種類を超えていたのではないかと思う。
 2005年に公務員生活を終えてフリーの身になり、現在は一般社団法人移民政策研究所の所長の立場で移民国家の建国に挑んでいる。これは移民鎖国という日本最強のタブーとの闘いである。2014年の春に移民国家構想が国民的課題にのぼると、反移民主義者、排外主義者、国粋主義者、ヘイトスピーチグループなどの各派が大同団結し、坂中批判の大合唱が始まった。
 移民革命の理論的指導者と見られている私が反移民団体・極右勢力の標的になるのは当然である。移民政策の象徴的存在である坂中英徳が一身で攻撃を受け止める。これまでも数々の修羅場を経験したが、このたびは未体験の規模の攻撃にさらされる恐れがある。しかし、排外主義者、国粋主義者らによる人身攻撃で私の心はくじけない。渾身の力を奮い立たせて反撃に出るか。非難の嵐が過ぎ去るまで耐えるか。世論の動向を見定めて決める。

« »