1. TOP
  2. 政策提言
  3. 技能実習制度の即時全廃を求める

技能実習制度の即時全廃を求める

 私は法務省入国管理局時代から「研修という名の労働」は絶対認めるべきではないと主張してきた。非人道的で、中間搾取のかたまりの技能実習制度は一刻も早く廃止すべきだ。「勉学活動」と「就労活動」とを峻別して規制する入管法の精神に背くものであるからだ。

 今もその考えに何ら変わりはない。いくら法律を改正して受け入れ機関への管理を強化しても、もともとが「木に竹を接ぐ」いびつな制度であるから、不法就労の隠れみのという制度の本質は変わらない。どうやっても不法残留者などの入管法違反事件と、賃金未払いなどの労働基準法違反事件が続出するのは避けられない。のみならず技能実習生の強盗・殺人などの刑法犯罪が頻発する。

 この「日本版奴隷制度」を温存すれば、超少子化時代の日本の命取りになる。「外国人労働者を奴隷として酷使する国」という悪名が世界中に定着しているので、世界の有為の若者は日本に見向きもしない。当然、そのような恥ずべき制度を使って外国人労働者を酷使する業界の企業イメージも大きく損なわれる。

 奴隷制度と移民受け入れ制度は相容れない。諸悪の根源の技能実習制度の全廃なくして移民国家日本の健全な発展はない。技能実習制度の即時全廃を求める。内閣総理大臣の決断をお願いする。