技能実習制度に代わる移民制度を提案する

坂中提案

私は法務省入国管理局に勤務していた時代から一貫して、非人道的で外国人搾取のかたまりの技能実習制度の廃止を主張してきた。

最近、がんじがらめに縛る雇用主の下から逃れ、不法残留する外国人が急増しているが、それもむべなるかなと言わざるを得ない。

国際社会からもひんしゅくを買っている技能実習制度を温存すれば、世界に恥をさらすだけでなく、超少子化時代の日本の命取りにつながる。日本版奴隷制度の廃止なくして移民国家・日本の健全な発展はない。

外国人技能実習制度に代わる妙案がある。政府は人手不足が顕著な産業分野に外国人材を潤沢に供給するため、「介護」「建設技術」「製造業技術」「農業技術」「林業技術」「水産業技術」などの在留資格を新設し、法務大臣は技能実習生の在留期間が切れる入国後5年の時点で、在留状況が特に良好と認められる技能実習生については該当する在留資格を決定し、在留の継続を認めることにするのだ。

この日本永住を認める案を採用すれば、人手不足に悩む産業界にとっても必要な人材が安定的に供給される。技術を身につけたいと願う外国人にとっても「安心して働ける」環境が整う。さらに、それは来るべき移民国家の一翼を担う移民制度に発展する。

« »