強靭な意志がなければ「政策」論文は書けない

坂中提案

法務省入国管理局時代、発表した論文の大半は「政策」を論じたものであった。外国人にかかる問題を提起し、具体的な解決策を提案した。それだけで終わらない。立法など政策の実現にも尽力した。多くの場合、一人三役を演じた。

移民政策一本の道を振り返ると、まず「政策」論文を書き続けることの精神的苦痛は大変なものだったというのが正直な感想である。政策の実現に捨て身で立ち向かったときのことは鮮明に記憶している。だが目的をはたしたときの達成感を覚えたことは一度もない。よく精神の異状をきたさなかったものだと感心する。あまたの非難罵倒を受けて何物も恐れない強靭な精神力が培われたのだろう。

つらいことの連続の職業人生だったが、今は無事ここまで生きてこられたことに感謝し、これが天の定めた自分の人生なんだと達観している。

1975年に書いた「今後の出入国管理行政のあり方について」という古典的な政策論文を皮切りに、「在日韓国・朝鮮人政策論の展開」(1999年)、「日本の外国人政策の構想」(2001年)、「外国人受け入れ政策は百年の計であるー目指すべきは『小さな日本』か『大きな日本』か」(2004年)、『入管戦記』(2005年)など、外国人政策関係の論文・著書を次々と発表した。
 
2005年3月に法務省を退職した直後、人口崩壊の危機を国家存亡にかかわる重大問題と受け止め、人口問題の根本的解決策は最大規模の移民受け入れ以外にないというアイディアが固まった。そして同年8月、外国人政策研究所(移民政策研究所の前身)を設立、移民政策に関する理論的研究に全霊を傾けた。その成果物が、『日本型移民国家の構想』(移民政策研究所、2009年)、『日本型移民国家への道』(東信堂、2011年)、『人口崩壊と移民革命』(日本加除出版、2012年)、そして移民政策研究の集大成の『新版 日本型移民国家への道』(東信堂、2014年)である。 

移民国家理論の完成で満足していない。言行一致の信念を貫く元行政官の最後のミッションとなる移民国家の建国に全力を尽くす。
 

« »