平成の移民革命は日本革命に発展する

坂中提案

平成の日本は、世界の歴史にも例のない「人口崩壊」という国家存亡の危機に直面している。人口崩壊は国家国民の消滅につながる。それに対して生半可な改革をいくらやっても日本存続の展望は開けない。今の日本には国の形と国民の生き方を根本的に改める革命が必要だ。

私は、人口秩序を正す「移民革命」の断行こそ、人口崩壊による日本破滅を免れる唯一の道だと主張している。

人口体系が壊れる民族的危機に臨み、平成時代に生きる日本人が国運を賭して行う革命である。国境の門を移民に開放し、人口ピラミッドを正常な形に立て直すのだ。移民革命は劇薬である。しかし、衰弱の一途をたどる日本国を健康体に戻す万能薬なのだ。

人口崩壊の問題との闘いは百年を超える長期戦になる。それは日本人の内なる敵との闘いでもある。すなわち、国民が自ら島国根性を克服し、包容力のある地球人に成長しなければならない。

究極の目的は人類未踏の「人類共同体国家」の創成である。これは言葉の真の意味での日本革命だ。22世紀に生きる日本人への最高の贈り物になるだろう。

« »