左遷の人生もまた楽しからずや

坂中提案

1995年の春、法務省入国管理局入国在留課長として、それまでアンタッチャブルとされてきた興行入国者問題にメスを入れた。私は陣頭指揮をとって、1995年5月から翌96年3月まで、興行入国者の「出演先」であるバー、キャバレーなどへの実態調査を全国規模で実施した。

その結果、調査した444件のうち、実に93%にのぼる412件で資格外活動等の不法行為が確認された。この調査結果を受けて、興行ビザによる入国者の規制を強化した。

それは興行入国者の大幅減となってすぐに効き目が現れた。1994年に約9万人だった興行ビザによる入国者数が、翌年には5万9000人に減り、1996年には5万5000へとさらに減ったのである。

この規制措置に対して、芸能人の招聘者であるプロダクションや、ホステスとして使っていたバーやキャバレーなどの飲食店の経営者は猛烈に反発した。

背後に暴力装置を備えた巨大な業界であるだけに、脅しによる調査妨害に始まり、損害賠償請求や罷免請求といった法的措置、私への脅迫電話、個人攻撃、はたまた坂中は一週間以内に交通事故に遭うという警告など、手をかえ品をかえ、執拗に繰り返された。

業界の意を受けた政治家まで登場し、「君はいったい何をやっているのだ。お前みたいな頑固者の役人がいるから業界が迷惑するんだ。君は転勤したほうがいい」と圧力をかけてきた。私は政治家の介入で方針を変えることはなかった。

結果、1997年4月の人事異動で仙台入国管理局長の辞令を受けた。以後、二度と法務本省で勤務することはなかった。

福岡入国管理局長、名古屋入国管理局長、東京入国管理局長のポストを歴任し、2005年3月、法務省を退職した。

8年間の地方局長時代、私は何をやったのか。暇をもてあましていたわけではない。実は、ルーチンワークをこなすかたわら、執筆活動に精を出していたのだ。その成果物として、次の6冊の本を出版した。
①『出入国管理及び難民認定法逐条解説 新版』(共著、日本加除出版、1997年)
②『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(日本加除出版、1999年)
③『出入国管理及び難民認定法逐条解説 全訂版)』(日本加除出版、2000年)
④『日本の外国人政策の構想』(日本加除出版、2001年)
⑤『外国人に夢を与える社会を作る――縮小してゆく日本の外国人政策』(日本僑報社、 2004年)
⑥『入管戦記』(講談社、2005年)

もう一つやったことがある。1997年の夏から、10年以内に訪れる人口減少社会の移民政策のあり方を考える思索一筋の生活を送った。そのアイディアが固まった総論部分を前記の『入管戦記』(「小さな日本」と「大きな日本」)で披露した。

私の左遷時代は実り豊かなものだった。その後の飛躍につながる雌伏期間であった。頑固一徹のところがある私はたびたび左遷を経験したが、左遷の入管人生も悪くなかったと今は思っている。

« »