左遷の人生は飛躍の人生

坂中提案

1995年の春のことである。法務省入国管理局入国在留課長として、それまでアンタッチャブルとされてきた興行入国者問題にメスを入れた。私は陣頭指揮をとって、1995年5月から翌96年3月まで、興行入国者の「出演先」であるバー、キャバレーなどへの実態調査を全国規模で実施した。

その調査結果はというと、調査した444件のうち、実に93%にのぼる412件でホステス活動や売春行為などの不法行為が確認された。その調査結果を受けて、興行資格による入国者の規制を強化した。

それは興行入国者の大幅減となってすぐに効き目が現れた。1994年に約9万人の興行の在留資格による入国者数が、翌年には5万9〇〇〇人に減り、1996年には5万5000へとさらに減ったのである。

この規制措置に対して、芸能人の招聘者であるプロダクションや、ホステスとして使っていたバーやキャバレーなどの飲食店の経営者が猛烈に反発した。

背後に暴力装置を備えた巨大な業界であるだけに、脅しによる調査妨害に始まり、損害賠償請求や罷免請求といった法的措置、私への脅迫電話、個人攻撃、はたまた坂中は1週間以内に交通事故に遭うという警告など、手をかえ品をかえ、執拗に繰り返された。

業界の意を受けた政治家まで登場し、「君はいったい何をやっているのだ。お前みたいな頑固者の役人がいるから業界が迷惑するのだ。君は転勤したほうがいい」と圧力をかけてきた。私は入管行政に絶大な影響力を持つ実力者(当時衆議院法務委員長)のごり押しに屈しなかった。法律を盾にとことん筋を通した。

以上が、私が後に「反骨の官僚」と呼ばれることになる所以である。

結果、1997年4月の人事異動で仙台入国管理局長の辞令を受けた。以後、二度と法務本省で勤務することはなかった。

福岡入国管理局長、名古屋入国管理局長、東京入国管理局長のポストを歴任し、2005年3月、法務省を退職した。

8年間の地方局長時代、私は何をやっていたのか。実は、引き続き興行入国者の問題に取り組むとともに、執筆活動に励んだ。

もう一つ、重点的に取り組んだことがある。1997年の夏以降は、10年以内に訪れる人口減少社会の移民政策のあり方についてあれこれと思案していた。その研究成果が、前記の『入管戦記』第9章「2050年のユートピア」である。その冒頭部分で以下のとおりユートピア物語と断っているが、それは正真正銘の移民国家宣言であった。

〈幕末の日本において「攘夷」か「開国」かで国論を二分する激しい議論が闘わされたときのように、いまこそ、明治維新のような国の大改革に向けて、もっともっと活発な国民的な議論が必要である。

日本が大きく舵を切って、2000万人の移民を受け入れ、「多民族共生社会」の理想に向かって一路邁進したという前提で、2050年の日本の姿を描いてみようと思う。問題提起のためのプロローグ、あるいはひとつのユートピア物語として読んでいただきたい。〉

私の左遷時代は実り豊かなものだった。いま振り返ると、世界をリードする移民政策理論の創作につながる雌伏の8年であった。正義感に駆られるところがあった私はたびたび左遷を経験した。逆境の入管生活は飛躍への研鑽を積む修行期間であったと述懐する。

ここで改めて政治家と私との関係について一言しておきたい。前述のとおり政治家の圧力で左遷の辛酸をなめたが、移民政策の立案に限って言えば、日本政府は、危険な思想家の唱える移民革命思想を、終始一貫、寛容の精神で見守ってくれた。自由人の私は、政治家の思惑や時流から超然とした立場から、私の考えを忌憚なく政府に申し上げてきた。政治家からの干渉は一切ない、自由にものが言える環境に恵まれ、理想の移民国家像を思いのまま描くことができた。結果、移民国家構想は理路整然としたものになり、また普遍性を帯びたものに発展した。移民政策研究の世界的権威がその創造性を高く評価する移民国家理論の理想型がここに完成した。

 

« »