1. TOP
  2. 政策提言
  3. 左遷と飛躍の入管生活

左遷と飛躍の入管生活

1995年の春のことであった。法務省入国管理局入国在留課長として、それまで触れてはならないとされてきた興行入国者問題にメスを入れた。私は陣頭指揮をとって、1995年5月から翌96年3月まで、興行入国者の「出演先」であるバー、キャバレーなどへの実態調査を全国規模で実施した。

その調査結果はというと、調査した444件のうち、実に93%にのぼる412件でホステス活動や売春行為などの不法行為が確認された。その調査結果を受けて、興行の在留資格による入国者の規制を強化した。

この規制措置に対して、芸能人の招聘者であるプロダクションや、ホステスとして使っていたバーやキャバレーなどの飲食店の経営者が猛烈に反発した。

業界の意を受けた政治家まで登場し、「君はいったい何をやっているのだ。お前みたいな頑固者の役人がいるから業界が迷惑するのだ。君は転勤したほうがいい」と圧力をかけてきた。入管行政に影響力を持つ政界の実力者(当時衆議院法務委員長)のゴリ押しに私は屈しなかった。法律を盾に筋を通した。

政治家から「頑固者の役人」と名指しされるほどの頑固一徹をつらぬいた結果、1997年4月の人事異動で仙台入国管理局長の辞令を受けた。以後、二度と法務本省で勤務することはなかった。

福岡入国管理局長、名古屋入国管理局長、東京入国管理局長のポストを歴任し、2005年3月、法務省を退職した。

8年間の地方入国管理局長時代、私は何をやっていたのか。じつは引き続き興行入国者の問題と格闘するともに、執筆活動に力を入れた。その成果物として、次の6冊の本を出版した。

①『出入国管理及び難民認定法逐条解説 新版』(共著、日本加除出版、1997年)

②『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(日本加除出版、1999年)

③『出入国管理及び難民認定法逐条解説 全訂版』(共著、日本加除出版、2000年)

④『日本の外国人政策の構想』(日本加除出版、2001年)

⑤『入管戦記』(講談社、2005年)

①と③は、入管法コメンタールの決定版を目ざした大作である。入管法研究の第一人者が書いた権威ある解説書として司法の世界で今も活用されている。②は、私の在日韓国・朝鮮人政策論の集大成の著作である。これ書いて第一のライフワークの在日朝鮮人問題にひとまず区切りをつけ、第二のライフワークである移民政策に本格的に取り組む心の準備が整った。以後、移民政策に関する理論的研究に力を傾けることになる。④は、「移民」という言葉こそ使っていないが、実質上移民政策論序説と言うべき移民政策関係の論文を集めたものである。

もう一つ、真剣に取り組んだことがある。1997年の夏以降は、10年以内に訪れる人口減少社会の移民政策に関する思索に打ち込んだ。その研究成果が、前記⑤の『入管戦記』第9章「2050年のユートピア」と第10章「『小さな日本』と『大きな日』」である。その第9章の冒頭部分で「ユートピア物語」と断っているが、当時の私の本心を言えば、それは人口激減時代を迎える日本の移民国家への転換を迫る「移民国家宣言」であった。

なお、前記『入管戦記』第10章の論文:「『小さな日本』と『大きな日本』」は、人口減少時代の移民政策のあり方について深く考え進め、世紀の問題提起にしたいという野心を抱いていた。しかし、結果は空振り三振に終わった。移民政策について議論するのはあまりに時期尚早だったということなのだろう。14年前、この論文に関心を寄せる国民は皆無に等しかったのではないか。政界、官界、経済界、学界からも何の反応もなかった。それ以後、移民政策が封印される時代が続く。

だが、この論文を書いたことで人口減少時代の移民政策のあり方に関する理論的基礎が固まった。なお、この論文を発表した2005年3月、私は35年の入管生活を終えた。今から思うと、これは役人を辞めた後も移民政策の研究を続ける契機となった文章である。世間から黙殺され、臥薪嘗胆の心に火がつき、自分が先頭に立って移民鎖国のイデオロギーとの闘いに挑む決意を新たにした。

顧みると、私の左遷時代は実り豊かなものであった。世界の移民政策をリードする移民政策理論の完成につながる雌伏の8年であった。正義感に駆られるところがある私はたびたび左遷を経験した。七転び八起きの入管生活を経験して今日の「ミスター入管」があるのだと思う。人身売買問題を解決したことで世界の識者が「ミスターイミグレーション」と評価する今の自分があるのだと思う。