寛容の心がある日本人は永遠の世界平和を目指す

坂中提案

ホモサピエンスという一つの生物に属する人類は、民族や宗教の相違を克服し、恒久的世界平和体制を築くのか。あるいは民族や宗教の覇権を争って核戦争を繰り返し、地球上から姿を消すのか。

人類の歴史をたどれば、異なる民族間の戦争の歴史であったことは一目瞭然だ。産業文明が成熟期を迎えた21世紀の世界においても、核保有国が増える一方で、民族と宗教の問題に原因する戦争やテロが絶えない。今日の世界は、核開発を進める北朝鮮情勢の切迫化など、いつ核戦争が勃発してもおかしくない危機にある。万一、地球規模での核戦争が起きれば、人類が滅亡するだけではない。地球上のありとあらゆる生き物も姿を消す。

いっぽうで、平和を希求する心が人類のDNAに刻まれていることも事実である。私は人類の良心に訴える。生物の世界の長を自認する人類が、人間のエゴイズムで地球上の全ての生き物を皆殺しにすることは断じて許されない。万物の霊長の英知で永遠の世界平和体制をつくる夢が今世紀中に実現することを切に願うものである。地球共同体社会の創造を提唱する私は、人間の身勝手な振る舞いで人類を含む動植物を全滅させてはならないと考える地球市民のコモンセンスに希望を託する。

地球上で戦争が絶えない根本原因は、知恵が進んだ人類の性(さが)というべき民族精神と宗教心が排他的な性格を帯びるものに堕落し、それぞれの民族が文化や宗教における優位のスローガンを掲げて戦争を繰り返すことにある。私は、人類が民族と文化と宗教の多様性を尊重し、かつ、それらの相互関係を「人類は一つ」の普遍的な理念の下に人類共同体の精神にまで高めない限り、戦争のない世界は永遠に実現しないと考えている。それどころか、今や遅きに失し、人類は、核という文明の凶器を使って人間同士が殺し合う、自滅への道を歩み始めたのではないかという恐怖心に襲われることがある。

以上のような深刻な危機感を覚える私は、次のような世界無比の仮説を立て、今こそ日本国民が立ち上がるときだと訴える。

〈異なる民族と宗教を受け入れる寛容の心がある日本人は、地球上に住むすべての人間の平和的共存という人類社会がかかえる永遠の課題に挑戦する資格を有する稀有の民族ではないか。人類はひとりひとりがひとしく尊いものであって全人類がひとしく生きる権利があると考える日本人は、様々な民族や宗教と上手につきあう能力があり、民族問題・宗教問題を平和的に解決する潜在能力を有するのでないか。〉

そして、二〇一四年四月の南カリフォルニア大学主催の「日本の移民政策に関するシンポジウム」において、坂中移民国家論の二本柱である人類共同体思想と世界平和思想を世界の移民問題の専門家に示した。

〈日本人は古来、人間はもとより動物、植物、鉱物など自然界に存在するあらゆる物と心を通わせ、自然に親しみ、そこに神が宿ると信じている。自然と自己を同一視する万物平等思想(アニミズムの自然観)を抱いている。それは人類を含む万物の共生につながる自然哲学である。万物の霊長の思い上がりを戒める日本人の叡智である。〉

 

 

« »