寛大な心がある日本人は移民を上手に受け入れる

坂中提案

民族的偏見や宗教問題がそれほどではない日本は移民受け入れに最適の国ではないか。

ヨーロッパの主要国においては、根深い民族的偏見と宗教問題があって、国民と移民との平和共存関係はあまり進んでいないようだ。

ドイツは数百万人のトルコ人を外国人労働者として受け入れたが、ドイツ人のトルコ人との結婚の比率は1%以下と異常に低い。

フランスでは、フランス人のアフリカ系フランス人との婚姻率が20%を超えると聞いている。フランス人の民族差別はひどくないから、フランスは多民族共生社会への希望が持てる国だと思う。しかし、キリスト教とイスラム教の宗教対立の克服という難問が残っている。

近世以後20世紀半ばに至るまで、ヨーロッパ人が、宗教、人種、風俗等の異なる民族を時には人間以下のものとして、少なくとも自分たちよりも劣等の民族として扱ってきたことは、世界人権史上周知の事実である。

一方、現代の日本人の外国人観を見ると、大量の異民族の流入も外敵の侵入も受けなかった歴史も幸いして、他の民族を「人間以下のもの」とみなす観念はない。外国人に対する恐怖心や排外的感情も希薄である。

たとえば、国際結婚について見ると、在日韓国・朝鮮人の結婚相手の90%が日本人であることに代表されるように、人種や民族や国籍のちがう人と結ばれる日本人が比較的多い。若い世代の日本人は和の心で外国人と付き合う日本人のDNAを受け継いでいるにちがいない。

移民の入国の扉を開けば、世界各国から多彩な顔の若者がやってきて、日本の若者と世界の若者との結婚が飛躍的に増えるだろう。その結果、魅力的な混血児や感性豊かな二世がたくさん誕生するだろう。

宗教心についても、日本人は古来、自然と自己を同一視する万物平等思想(アニミズムの世界)をいだいている。それは人類を含む万物の共生につながる自然哲学である。

自然界に存在するありとあらゆる物に甲乙はないという自然観を持つ日本人は、世界の主要民族の中で最初に「人類共同体」の偉業を成し遂げる可能性がある民族ではないかと考えている。

« »