1. TOP
  2. 政策提言
  3. 官邸から圧力も批判もなかった

官邸から圧力も批判もなかった

2014年末、畏友の英国人ジャーナリストから、「革命的な移民国家構想を提言している坂中さんに官邸から圧力がかからないのですか」と聞かれた。私は「坂中移民国家構想を忌憚なく述べているが、官邸から坂中構想に対する圧力も批判もない」と答えた。

事実、批判するに足りる見識を持たない政府中枢は、移民革命を唱える革命家を敬して遠ざけるというか、政治家が本来やるべき仕事を民間人にやらせて世論の動向を探るというか、入管時代の実績に配慮したというか、その真意のほどは知らないが、政治の世界に乗り出した坂中英徳を自由放任でほうっておいた。
 
私は移民政策から距離を置く政治の虚に乗じ、自由自在に移民革命論を展開した。移民政策の立案は私の独壇場に終始し、移民国家のあるべき姿を思いのまま描くことができた。この15年間、毎年のように新機軸を打ち出した移民政策論文集を発刊した。

私は新刊を出すたびに政府首脳に献本した。日本型移民政策論は年を追って理論体系が整って説得力を増したと思うが、総理官邸は坂中移民国家ビジョンの進展と国民世論の動向を注意深く見守っていたのかもしれないと思量する。それを裏付けるものがある。

2015年6月政府中枢から招かれ、政治家を含む内閣官房の主要幹部らを相手に「日本型移民国家への道」の題目で講演した。20名のパワーエリートたちが私の話に耳を傾けた。坂中構想に対して「グッド・アイディア」という答えが返ってきた。講演が終わったときに若手官僚の間から拍手が起きた。

そのとき移民革命家と官邸はいわば阿吽の呼吸で結ばれていると思った。政府首脳と革命家の間にはある種の信頼関係が成立していると感じた。そのことについては私が入管OBの移民政策の専門家であることが関係していると思う。もしかすると、官邸サイドは坂中英徳を事実上の政府の一員とみなしているのかもしれない。

そのような見方が当たらずとも遠からずとすれば、最高権力者たちも一目置く立場で大きな夢を追いかけ、若者たちに夢と希望を与える移民国家理論をうちたてた私は「日本一のユートピアン」なのかもしれない。