天命を知り天職に従事する人生

坂中提案

1960年代の学生時代は学生運動が盛んな時代だったが、ノンポリの私は危険なことには手を出さない安全第一の生活を希望した。それで国家公務員の仕事を選んだ。1970年4月のことである。

何が起きるかわからないのが人生行路だ。難局に取り組む役人生活が待っていた。外国人行政を所掌する法務省入国管理局に就職したことがきっかけで、在日朝鮮人問題や移民問題と死闘を繰り広げることになった。未踏の世界に足を踏み入れ、それまでの常識をくつがえす移民国家理論の創作に取り組んだ。それが良い結果をもたらした。移民政策の理論的研究で実績を積み上げた。そして、それが更なる幸運につながった。

国家公務員生活を終えた2005年には、人口秩序の崩壊という一大危機にある祖国を再建する仕事にめぐり合った。移民政策のプロフェッショナルの道を歩んだ私にとって、それは願ってもない天職であった。

専門分野が何であれ、国家百年の計の立案が一番むずかしいことに変わりない。長期的・世界的な視点から構想を練り上げ、不動の信念で取り組む必要がある。国家と国民に対して負う責任も重大である。それゆえに、国家戦略を立てるのが本職の政治家といえども、新しい国づくりに直結する移民政策の立案には逃げるが勝ちをきめこむのだ。とどのつまりは消去法の形で、移民1000万人構想を提唱する元ミスター入管が日本の救世主の役を務めることになった。

さて、国の形を根本的に改める革命家の職にありついた私が、稀に見る強運の持ち主であることは疑いの余地がない。天運の働きがあって日本の絶体絶命のピンチを救う仕事に出会ったのだと思っている。だが、人生を総括する年齢になった今は、移民鎖国の壁を打ち破り、世界のモデルとなる移民国家を打ち立てる野心を抱き、危険きわまる問題に失敗を恐れず突き進む冒険家精神があったからこそ、今日の自分があるという考えが頭をもたげる時がある。

単騎で難攻不落の城を攻め落とすような無鉄砲きわまる職業人生では山ほどのつらいことが押し寄せてきた。この世で地獄を見た。じつは人間不信が高じ、いま死ねばどんなに気が楽かと思う時がしばしばあった。だが、死を意識する老境を迎えたいま現在は、移民政策の専門家として全知全能を傾け、移民国家理論の頂点をきわめる近所まできたと、安堵の胸をなでおろす時がある。

話は私事にわたるが、未完の人生を振り返ると、晩年に「天命を知り天職に従事する」という至福のひとときを経験し、正論を吐き、筋を通した百点満点の人生であったと思っている。今の私は、欲しいものも失うものもない、正でも負でもない、プラスマイナスゼロの心境で天命の尽きる日を待っている。後世の人々には大変申し訳ないが、問題を提起しただけで手つかずの仕事を多く残して人生を終える。まったくもって無責任な人間であるが、日本革命論、人類共同体論など、誰も取り上げることがなかった未開拓の研究分野にチャレンジした論文は不滅である。あとのことは地球時代に生きる賢明な国民に託す。よって後顧の憂いはない。

« »