1. TOP
  2. 政策提言
  3. 大きな夢を描けば大きな花が咲く

大きな夢を描けば大きな花が咲く

「夢を描かなければ実は結ばない。大きな夢を描けば大きな花が咲く」。これは私の好きな言葉である。新国家を創る大望を抱く私は、年をとるにつれてどんどん夢がふくらんでいった。そのため夢をつかまえるのがますます困難になった。そんな私は至福の時をすごしてきたといえるのだろうか。じつは必ずしもそうとも言えないのだ。この13年間、夢の実現が遠ざかる一方で、夢を追い求める人生に終止符を打ちたいと思う時がしばしばあった。

ただし、この2年は打って変わって、今が天下分け目の勝負の時だと心に言い聞かせ、移民政策論文を猛烈な勢いで量産している。悲壮な決意表明の最たる著作が、2018年1月に出た最新作『新版日本の移民国家ビジョン』(移民政策研究所刊)である。欧米の主要移民国家が移民・難民に対して扉を閉じる方向にある中、日本のみならず世界の移民政策をリードする気概を持って筆をとった。身も心も完全燃焼し、人類共同体ビジョンを柱とする移民国家の理想像をうたい上げた。

命がけの努力が報われたのかもしれない。若い世代の多数が移民の受け入れに賛意を表明するところまで時代が動いた。世界の若者が反移民運動に走る中、真心をもって移民を迎える用意がある日本の若者を誇りに思う。度量の大きい若者たちが機関車となって引っ張る移民国家日本の将来は明るい。地球市民の新鮮な感覚を身につけた若者が主役を務める移民国家ジャパンは世界の移民国家の中で光輝を放つ存在になるだろう。50年後の日本は移民国家の頂点に上り詰めているだろう。

今の私は移民国家への道の八分までの仕事をやり終えてほっとした気持ちである。遅きに失した感は否めないが、ここへ来て政府は移民国家へ舵を切る方針を固めたようだ。移民政策研究所所長が先頭に立って独走する時代は終わった。世界のモデル国となる移民国家をつくるという残り二分の仕事は、有為の若者たちと手を組んで完走したい。そして日本列島に美しい花を咲かせたい。

もう一つの夢である人類共同体社会の創造は、世界の恒久平和を願う人類の悲願である。未来永劫、世界の頭脳がその実現にチャレンジするであろう。口火を切った私の希望を一つ言わせてもらえば、唯一の戦争被爆国である日本の若者がその先頭に立ってほしい。

人類の全滅をもたらしかねない大量核兵器の存在が現実の脅威となる時代に入り、人類の子々孫々の生存は人類共同体社会の成否にかかることになった。人類社会は、核戦争に対する反対命題としての人類共同体思想を、「日本の夢想家が描いた夢物語」として葬り去るわけにはいかないのである。それは、近未来の地球社会において人類が一丸となって取り組むべき世界的課題に発展する可能性が高いと予想している。

動物の世界で最も知恵があるとされる人類が心を一つにし、かつ「人類は同類で同胞」の生物学の原点に立ち返り、人類の悲願である人類共同体社会の創造に挑戦する世界、並びに、地球上で人類と動植物が共棲し、多彩な花が咲き誇る世界、そんな生物社会の極楽のような世界が形成される未来を空想すると私はハッピーな気持ちになる。