多神教の日本は移民受け入れに最適の国

坂中提案

多民族社会において各民族間の平和友好関係を確立する最も有効な方法のひとつは、異なる民族間で婚姻関係を数多く積み重ねていくこと、そして血縁関係を深めていくことだと私は考えている。

ヨーロッパの主要国においては、根深い民族的偏見と宗教問題があって、国民と移民との平和友好関係はあまり進んでいないようだ。

ドイツは数百万人のトルコ人を外国人労働者として受け入れたが、ドイツ人のトルコ人との結婚の比率は1%以下で異常に低い。

フランスでは、フランス人のアフリカ系フランス人との婚姻率は20%を超えると聞いている。フランス人の民族差別はひどくないから、フランスは多民族共生社会への希望が持てる国だと思う。しかし、キリスト教とイスラム教の宗教対立の克服という難問が残っている。

16世紀のスペインとポルトガルのキリスト教徒たちは、両国が植民地支配した南米大陸で原住民の大量虐殺を行った。

近世以後20世紀半ばに至るまで、ヨーロッパ人が、宗教、人種、風俗等の異なる民族を、時には人間以下のものとして、少なくとも自分たちよりも劣等の民族として扱ってきたことは、世界人権史上周知の事実である。

ひるがえって現代の日本人の外国人観を見ると、大量の異民族の流入も外敵の侵入も受けなかった歴史も幸いして、他の民族を「人間以下のもの」とみなす観念はない。外国人に対する恐怖心や排外的感情も希薄である。

結婚についても、たとえば在日韓国・朝鮮人の結婚相手の90%が日本人であることに代表されるように、人種や民族や国籍の違う人と結ばれる日本人が増えている。

若い世代は寛容の心と和の精神で外国人を接遇する日本の伝統を受け継いでいるにちがいない。

比較宗教学の観点から見ると、日本人は仏教やキリスト教など異国の神々を進んで受け入れてきた珍しい民族である。今も日本の至る所で八百よろずの神々が共存している。多神教の日本は移民の受け入れに最適の国ではないか。

« »