多民族社会の日本は人材の宝庫

坂中提案

日本の人口問題は日本人の数の激減にとどまらない。それよりもっと深刻な質の問題がある。政治を筆頭に、経済、行政、教育、学術、ジャーナリズムなどの分野で優秀な人材が枯渇しつつあることだ。ここにその何よりも雄弁な証拠がある。

まさに今、人口崩壊という空前の国家的危機に臨み、時代は日本を正しい方向に導く指導者を必要としている。だが、天下国家を論ずる日本人、未来を見通す日本人、地球的視野で考える日本人が決定的に不足しているのだ。
  
150年前の幕末から明治にかけての激動の時代には、革命家や国士が綺羅星のごとくいた。当代の日本も国家の浮沈がかかる革命の時代である。なにゆえ平成の世には国家の危機を救う救世主が現れないのか。新しい国家ビジョンを立てる人物が出てこないのか。

ただでさえ均質性の高い民族であるのに、それに輪をかけた画一化教育で育った日本人は、型破りの発想ができない平凡な民族に成り下がったのか。総じて日本人が小粒になったことは否めない。

タフな日本人が減り、脆弱な日本人が増え、民族の総合力としての日本人のパワーが急速に落ち込んだと感じる。これから超少子化が猛スピードで進む中、日本の政治力・外交力・産業力の弱体化に歯止めがかからないのではないかと危惧する。

それだけではない。1000年以上もの間、島国の中であうんの関係を結んで暮らしてきた日本人は、自然と同族意識の強いひ弱な人種になった。このまま移民鎖国を続ければ、世界列強が生き残りかけて死闘を演ずる世界から取り残されてしまうおそれがある。

地球時代の日本の興亡をかけて、世界の諸民族を移民の地位(将来の国民)で迎え入れ、国民の構成を一段と多民族化させる時がきた。1千万単位の将来の国民を入れて、多彩な顔を持つ国民に生まれ変わる必要がある。

先祖代々の日本人が社会の成員の100%近くを占める単一民族社会のままでは、激動のグローバル時代を生き抜くのは難しい。世の中の大勢に従う日本人が大多数を占め、外国人や移民が住みづらい社会のままでは日本の国力は衰退の一途をたどる。

いっぽう、移民立国で地球上の民族を網羅した多民族社会に移行すれば、それぞれの民族の独自の発想や鋭い感性や奥深い思考が競い合う躍動感あふれる社会が誕生する。移民一世・移民二世から異色の人材や逸材が輩出する社会である。

« »