多民族共生教育

坂中提案

人口危機の時代に生きる日本人の未来は、移民とどのような関係を形成するかで決まる。

大量移民時代を迎えると、小中学校に通う移民の子供が飛躍的に増えるので、移民の子と机を並べて勉強する小中学生向けの多民族共生教育が重要になる。

移民教育を実践する場合に注文がある。教育現場において外国人の特性を認めない、日本人の型に合わせるような教育をしてはならない。外国人のュニークな発想や豊かな感性を殺してはならない。そんなことをしたら移民を入れたかいがない。育成型移民政策を採用するときに画一化教育を廃止し、外国人の持つ文化的バックグランドを尊重し、個性的な人材を育てる教育への転換をはかる。

そのうえで、小学生・中学生が正しい外国人観、外国人との交際法を身につけるよう、共生教育を徹底して行う。そのための啓発科目を小中学校のカリキュラムの中に入れることも必要だ。

移民と一緒に学び遊ぶ日本人生徒は、異なる民族との交流で日本人であることに目覚める。移民とのはだかの付き合いを通して人間は多様なものであることを肌で知る。同時に、人種や民族が違っても同じ人間であるという人類の本質を理解する。

日本の学校で移民の子との異文化交流を体験した日本の児童・生徒・学生は、「民族の心」と「寛容の心」をあわせ持つ心の広い日本人に成長するだろう。

学校だけでなく家庭においても、地球上には多様な人種・民族が存在すること、すべての人種・民族に優劣はないこと、日本人は地球文明においてかけがえのない存在であることを親と子でとことん語り合ってほしい。

移民と共に学んで地球人に成長する日本の子どもたちに共生社会樹立の夢を託す。いろいろな顔の民族と一緒にいるだけで幸せを感じる日本人と、すべての民族と対等に付き合う日本人に敬意を表する移民が和気あいあいで暮らす社会を創ってほしい。

« »