多民族共生教育について考える

坂中提案

移民時代を迎えると、小中学校に通う移民の子供が飛躍的に増える。移民の子と机を並べて勉強する小中学生向けの多民族共生教育が重要になる。その場合、多民族共生社会を創るため、幼児教育および初等中等教育のあり方を根本から見直す必要がある。「鉄は熱いうちに打て」である。いったん大人の偏見が植え付けられると、子供はそれをすてるのが難しくなる。

移民開国をきっかけにして、いま日本の幼稚園、小学校、中学校で行われている「同じタイプの人間」を生み出す画一化教育をやめる。その時に、子供の個性と多様性を重んじる教育に改める。

多数派の日本人は少数派の移民の文化を尊重する。日本が受け入れた移民が、その民族的特性を持ち続けられる社会をめざす。そうしないと、多彩な顔を持つ移民を入れても、多様性に富んだ日本社会は形成されない。

日本人の子供と移民の子供が自然児として天真爛漫に遊ぶ社会をつくるため、「人類は多にして一」という人類社会の本来の姿を子供に教える。移民の子と一緒に学ぶ日本人の子は、異なる民族と出会って日本人であることに目覚める。移民の子とのはだかの付き合いを通して人間は多様なものであることを肌で知る。同時に、肌の色や言葉が異なっても、同じ人間であることに変わりないことを理解する。学校で移民の子との異文化交流を体験した日本の児童・生徒・学生は、「民族の心」と「寛容の心」をあわせ持つ日本人に成長するだろう。

学校だけでなく家庭でも、地球上には多様な人種・民族が存在すること、すべての人種・民族に優劣はないこと、日本人は地球文明においてかけがえのない存在であることについて、親と子でとことん語り合ってほしい。

移民と共に学んで成長する日本の子どもたちに人類共同体を創る夢を託す。いろいろな顔の民族と一緒にいるだけで幸せを感じる日本人と、博愛の心がある日本人が好きな移民がともに生きがいを感じる社会である。

« »