1. TOP
  2. 政策提言
  3. 多彩な顔を持つ元東京入国管理局長

多彩な顔を持つ元東京入国管理局長

 50年の職業人生において実に多くの別名をつけられた。1975年に書いた『今後の出入国管理行政のあり方について』というタイトルの論文が「坂中論文」と呼称されたのに始まり、「日本の救世主」「鬼の坂中」などの異名をもらった。それら以外にも、2005年刊の『入管戦記』の帯は「ミスター入管」「反骨の官僚」と読者に紹介した。最近では『AERA』(2018年12月17日号)が、坂中英徳移民政策研究所所長を「現代の肖像」の一人として紹介した。

 外国人ジャーナリストからも数々のニックネームをいただいた。2009年1月の『ワシントン・ポスト』は人材育成型移民政策を唱える坂中英徳を「移民政策のエキスパート」と世界に紹介した。2014年5月、日本外国特派員協会で「日本の移民国家ビジョン」の題で講演した際、同協会幹部は冒頭の人物紹介で「坂中英徳氏は日本の『ミスターイミグレーション』として知られている」と紹介した。

 内外の知識人の間で上述のような人物像が定着している私は、日本社会と人類社会のあり方を根底から改める革命家として生涯を終える定めなのだろう。

 移民政策論文を書き続けた実績と、政治家の圧力に屈しなかった反骨の官僚時代の武勇伝が効いて多様な形容詞がつけられたのだろう。多彩な顔を持つ坂中イメージが形成されていることは、ボランティア活動家に過ぎない私が内外の世論を動かすパワーの源泉であって、日本を移民国家へ導くうえでも威力を発揮すると考えている。

 一例を挙げる。世紀の移民国家構想は、かつての「ミスター入管」が立案した政策提言ということで政府部内において重んじられ、かつ政府高官たちが支持を表明したのだと理解している。また、私につけられた異名は端的に示された人物評価と言えなくもない。国家公務員時代の私は「坂中論文の坂中」で通っていたようだ。いま現在は、霞が関で尊敬の念を込めて「伝説の官僚」、若しくは、親しみの気持ちを込めて「先輩」と呼ばれることが多い。