外国人技能実習制度の拡充は日本の命取りにつながる

坂中提案

私は法務省入国管理局に勤務していた時代から一貫して、非人道的で外国人搾取の塊りの外国人技能実習制度の廃止を主張してきた。

世界から「強制労働に近い状態」(米国政府)、「奴隷・人身売買の状態になっている」(国連)などと厳しい批判を受けている制度を拡充し、海外から建設労働者や介護労働者の導入を図る政府の姿勢は理解できない。深刻化する人手不足を補うための一時しのぎの措置ということなのかもしれないが、それが払う代償は余りにも大きいと言わなければならない。

そんなことを強行すれば、国際社会から「外国人労働者を奴隷として酷使する国」という批判が殺到するだろう。そんな悪名が世界に定着すれば、日本の移民国家への展望は開けない。ひいてはそれは人口崩壊の時代の日本の命取りにつながる。

付言すると、そのような制度を使って外国人労働者を入れた建設業界、介護福祉業界のイメージは大きく損なわれ、世界の若者からも日本の若者からも総すかんを食う。若い世代から見放された二つの業界は人手不足が加速し、倒産企業が続出することを覚悟すべきだ。

« »