坂中論文を思想の原点として移民国家の建設に挑む

坂中提案

坂中論文が生まれた1975年といえば、サイゴンが陥落し、ベトナム戦争が終結したのは、その年の4月30日だった。

朝鮮半島では、その前年「文世光事件」という奇怪な事件が起きている。当時22歳だった在日韓国人二世が、「光復節」の式典会場で朴正煕韓国大統領を狙撃、暗殺は未遂に終わったが、陸英修夫人ほか2名が死亡した。

「金日成主席率いる北朝鮮によって、アメリカの傀儡政権でしかない韓国の朴軍事政権を倒し、朝鮮半島は統一されるべきだ」―70年安保はもう過去の出来事となっていたが、大学キャンパスにはまだ学園闘争の残滓があり、そんな見方をする論客もかなりいたように思う。

左右のイデオロギーが激しくぶつかる「在日韓国・朝鮮人問題」という社会問題も、私が論じるよりもずっと適任と思われる学者や運動家がいたに違いない。

当時、入国管理局には、連日、反入管運動の活動家たちが押しかけてきていた。実際問題として、そのようなエネルギーをまともに受ける覚悟を決めて、在日韓国・朝鮮人問題で発言することは容易ではなかったのである。

私はそんな大騒ぎになるとはつゆ知らず、まっ正面から「在日朝鮮人の処遇」をテーマに論戦を挑んだのだ。

ただ、私が幸運だったのは、左右のイデオロギーの相克であるとか、在日コリアンをめぐるさまざまな政治・社会運動、さらには、日本人による在日朝鮮人批判は許さないという排他的な空気や、本音を語ることをタブー視する風潮など、そういった夾雑物をいっさい排除した地平からこの問題を見通すことができたことではないだろうか。

在日韓国・朝鮮人の各グル―プや各運動体による、「坂中論文」を使った勉強会がほうぼうで開催されているという話も聞こえてきた。論文の評価をめぐって激しい議論が闘わされることもあったようだ。

しかし、歴史的な経緯から建前と本音がぐちゃぐちゃに入り混じってしまい、現実を直視できなくなった「在日」世界においては、議論こそ活発であっても、実効性のある具体的な政策提言など何ひとつ生産してこなかったのだ。そんな世界で、「坂中論文」は、突如、生まれたのである。

在日韓国・朝鮮人が幸福に暮らせる制度を確立すべきという見解は、何もイデオロギーの助けを借りなくても考えつくものなのだ。日本生まれで日本育ちの二世・三世の法的地位を不安定なままにしておいてよいはずがない。それを正すべしという考えは一般常識から導かれるものである。

当時の私が考えたこと、行ったことを顧みると、自分が見たままを言葉にし、感じたままを文字にしたのであり、それは行政の立場からという以前に、「普通の人間」の人間的な思いやりから生まれたアイデアを文章にしたものにすぎないように思う。

最前線で行政と向き合って敵対視していた活動家はともかく、日本社会のなかで普通に日常生活を送っている在日韓国・朝鮮人は、日々、直面するさまざまな不便や不自由や心ない差別といった障壁をなんとか改善してもらいたいという願いを持っていたに違いない。

さて、坂中論文は、行政組織としての入管にどのような影響を与えたのだろうか。

概して在日韓国・朝鮮人社会に対しては「敬して遠ざける」空気が支配的であった当時の入管においては、むろん、革命的な政策論を展開した「坂中論文」を積極的に受け入れる土壌などはなかったと認識している。だが、そうかといって、猛烈な反対の声が組織のなかから上がるほど、それに反論することに熱心な人もいなかったのである。

そうなると不思議なもので、組織全体としてあまり歓迎されない提案でも、積極的な反対の声が出てこないとなれば、それがいつのまにか独り歩きして政府の方針にまでなってしまうということもあるのだ。そう、紙に書いた提言は、実現に向かい進み始めたのだ。

つまり、「坂中論文」が示した政策転換は、入管のなかでは明らかに坂中ひとりの意見であったにもかかわらず、声を出して具体的な政策を提案したがために、組織のなかで消極的に肯定されてしまったのだ。

以上、坂中論文で難問の在日韓国・朝鮮人問題を解決の方向に導いた時代を振り返り、私の革命的な在日韓国・朝鮮人政策論はまちがっていなかったことを確認した。そして、坂中論文で述べた私の考えは、時代は変わったが、人口崩壊が迫る国家危機の時代にも威力を発揮するだろうと考えている。修羅場をくぐった経験を生かし、移民革命の先導者の務めをはたす所存である。

坂中論文から38年がたった今、まさに坂中英徳の移民国家構想が正念場を迎えようとしている。国民の支持を取り付け、政治に歴史的な決断を迫る段階に入った。坂中論文を思想の原点とし、万遺漏なきを期し、移民国家の建設に挑む。

« »