1. TOP
  2. 政策提言
  3. 坂中論文が坂中英徳の一生を決めた

坂中論文が坂中英徳の一生を決めた

1971年。世界にはまだ、東からも西からも強烈なイデオロギーの風が吹いていた。

私が初めて入管行政に携わったのは、法務省に採用された翌年のことだった。その年の4月、25歳の私は、法務省大阪入国管理事務所(当時)で実務研修を受けることになった。

その頃、入管が担当する「出入国管理行政」というのは、ほぼ100パーセント在日韓国・朝鮮人をみすえたものであった。私は大阪での審査体験を通して、在日韓国・朝鮮人問題の本質について、ひとつの結論を導き出した。

それは、日本で生活する在日韓国・朝鮮人の「実体」が限りなく日本人に近い存在であるのに、「法律上」(法的地位)は外国人として日本に存在している矛盾をいかにして解消するか、というものであった。そして、できるだけ早く、在日韓国・朝鮮人の「法的地位」が「実体」と一致する存在、つまり日本国民となり、日本の出入国管理の対象でなくなる日がきてほしいと心から願うようになったのである。

しかし、当時は、差別を受けている在日韓国・朝鮮人やその民族団体側からはもちろん、行政の側からも、そういう考えはまったく取り合ってもらえないどころか、危険思想視され、どちらからも袋叩きにされるような時代だった。ところが、めぐり合わせか偶然のいたずらか、私のこの願いを形にするチャンスが数年後に訪れたのだ。それは、1975年のことだった。

法務省入国管理局主催の論文募集で私の書いた論文が優秀作に選ばれた。そのとき、私の歩む道が決まった。言い得て妙だが、坂中英徳の人生行路を決めたのは坂中論文である。

法務省時代に初めて書いた論文が、「今後の出入国管理行政のあり方について」という名の政策論文の最たるものであったことが飛躍の契機となって、その後も在日韓国・朝鮮人問題を筆頭にマイノリティの問題をテーマに政策論文を切れ目なく執筆してきた。国家公務員を辞した後も、天下国家のことを考える心意気を持ち続け、移民政策研究所の所長の立場から移民立国に関係する論文ひたすら書き続けている。そうこうするうちに気がつくと、外国人ジャーナリストから「移民革命家」と呼ばれる危険な思想家になっていた。

移民国家ビジョンの全体像と新国家の設計図の詳細を描いた著作物は不滅である。しかし時代の制約をまぬかれることはできない。近い将来、地球市民のセンスがある俊英たちが坂中構想を踏み台にしてより実現性の高い移民国家論の雄編を生み出てくれるだろう。

人口減少時代に対応する新しい国の形を描いた移民国家の発想はどこから生まれたのか?その答えは1975年に書いた『今後の出入国管理行政のあり方について』(坂中論文)にまでさかのぼる。これこそ坂中移民国家構想の原点となった論文である。

1975年当時の私は、「移民」の入国を認めないとする入国管理の基本政策について、日本の人口動向などを考慮して総合的に判断すると、今後も引き続きとるべき政策であると考えていた。その理由は以下のようなものであった。

〈一国の人口変動は出生、死亡及び移住の三つの要因によって生じるが、現在すでに超高密度国である我が国の人口が近い将来にわたって出生が死亡を上回る自然増加の傾向にあることがはっきりしている以上、日本の入国管理政策はこれからますます深刻の度を加える人口問題をこれ以上悪化させないという基本方針に沿ったものでなければならない。〉

話は坂中論文から30年後の2005年に移る。同年の国勢調査の結果、日本の歴史的転換が明らかになった。明治時代から150年間、日本の経済と社会を支えてきた人口が減少局面に入ったのだ。政府の将来人口推計は、50年後の人口は今の三分の二に落ち込み、100年後は4000万人台の人口に激減することを示していた。

2005年を境に日本の人口動向が増加から減少へと逆転したことを受けて、私は「移民鎖国」から「移民開国」へと考えを改めた。移民の入国を認めないとする政策の大前提がひっくり返ったからだ。坂中論文の時代から人口と移民政策の関係に関する考察を鋭意進めてきたので、日本が長期の人口減少期に入ることが明白になるやいなや移民国家のアイディアが自然に湧き出た。すなわち『入管戦記』(講談社、2005年)の第9章の「2050年のユートピア」で提案した「移民50年間2000万人構想」である。