坂中試案の日本型移民国家大綱が完成した

坂中提案

 作家、学者、ジャーナリストなど文章を書くことをなりわいとする人は多数いる。彼らはプロの文筆家だ。
 私は多くの論文、著書をものしたが、元来はアマチュアの物書きである。文章の修行などしていない。外国人問題を提起する必要に迫られ、かたっぱしから我流で文章を書いてきた。「はじめに政策ありき」で書いた文章が大半である。
 入管時代、本業に専念しながら、ひまを盗んで、本来の職務の延長線上の仕事として外国人政策を考えるのが日課であった。
 深夜の時間帯に、『今後の出入国管理行政のあり方について』(1975年)を嚆矢とし、『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(1999年)、『日本の外国人政策の構想』(2001年)、『入管戦記』(2005年)など、外国人政策に関係する論文を絶え間なく書き続けた。政策論文の生産量は相当の枚数にのぼる。
 およそ政策提言への挑戦は、核心をつく理論を構築しなければ、すぐに馬脚が現れ、世間の物笑いの種になる。それが的を射た理論であったかどうかは、そのうち事実によって証明される。したがって政策論文を書く人にはぬきんでた構想力と先見の明がそなわっていなければならない。さらに、言ったことは必ず実行する「有言実行の意志」が求められる。
 専門分野がなんであれ、政策の立案と実行が一番むずかしいことに変わりはない。国民から結果責任が問われる。だから利口な政治家や官僚は触らぬ神にたたりなしをきめこんで国家政策に手をつけようとしないのだ。
 消去法が働いたというべきか。国家国民のため火中の栗を拾う日本人はもともといなかったというべきか。結局、運命のいたずらで、百年の計の移民国家構想を立てる大役は坂中英徳に白羽の矢が立った。
 行政官時代には前記の著作物を次々発表した。恐れを知らぬにもほどがあるが、いつのまにか論文の執筆が習い性となった。2005年に法務省を退職した後は、移民政策研究所を根城に、日本独自の移民国家構想を立てるべく理論的研究に専念した。
 この10年間、移民政策に関する研究実績をこつこつ積み上げ、『日本型移民国家の構想』(2009年)、『日本型移民国家の理念』(2010年)、『日本型移民国家への道』(2011年)、『人口崩壊と移民革命』(2012年)など一連の著作をやつぎばやに出版した。
 そして、最新作の『新版 日本型移民国家への道』(2014年)の刊行によって、坂中試案の日本型移民国家大綱が完成した。ここに移民政策分野のプロフェッショナルの物書きが誕生した。

« »