坂中英徳は何者か

坂中提案

欧米の知識人にとって坂中英徳は「ミステリアスな存在」に映るようだ。閉鎖的な日本社会から世界的なスケールの移民政策を提言する日本人が現れたことが理解できないようだ。世界の先頭を切って人類共同体社会=地球共同体社会の創造という世界平和構想を提唱しているが、私の思想的立場はアニミズムの世界観を持つ縄文人の末裔だと思っている。移民政策一本の生き方を貫く不器用な日本人である。あえて言えば、「日本の精神文化の影響を受けた移民革命の先導者」というあたりが的に近い人物像なのかもしれない。

さて、2015年の夏、安倍ジャーナリスト・フェローの米国人フリーランスライターが日本の移民政策の動向に関する取材で訪ねてきた。ジェシカ・ワイスバーグ氏は2時間の討論の終わりに、英語論文『Japan as a Nation for Immigrants』を読んで感動したと述べて、「坂中さんのようなスケールの大きい人物が日本に存在するのは不思議」「文明論的視点から遠大な移民国家論を展開しているが、このような論文を書いた秘訣は」「坂中さんが最も影響を受けた学者は」など、日本の移民革命を先導する坂中英徳という「人間」に関係する質問を連発してきた。そういうことについてはあまり考えたことがなかったので答に窮した。それで、とっさの思いつきで以下のように答えてその場を切り抜けた。
ちなみに、影響を受けた学者として、ダーウィン、マックス・ウェ―バー、ケインズ、レヴィストロース、梅棹忠夫の名前を挙げた。

「私は日本人の中で特異な人種に属するが、多くの通り名をいただいた。『反骨の官僚』、『ミスター入管』、『救世主』、『移民革命の先導者』、『ミスターイミグレーショ』、『移民政策のオピニオンリーダー』などの通称をつけられた。これらの呼び名は内外の知識人の坂中評価の現れといえないこともない。これらのニックネームから坂中英徳がどういう人間かを知るヒントが得られるかもしれない。」

インタビューを終えて、『入管戦記』(講談社、2005年)と『新版日本型移民国家への道』(東信堂、2014年)を謹呈した。彼女は拝読しますと述べた。京都の風流を解する米国人が、日本の精神風土から生まれた革命家をどのように描くのか、興味しんしんである

« »