坂中英徳の単数意見を国民の多数意見に変える人生

坂中提案

35年の入管人生において、何回も左遷を経験するなど、しんどいと思うことが多かった。荒海に舟をこぎ出し、荒波にもまれ、難航が続く役人生活であった。在日韓国・朝鮮人の法的地位問題(1975年)に始まり、中国人偽装難民事件(1989年)、フィリピン人人身売買事件(1995年)、日系ブラジル人問題(2000年)、北朝鮮残留日本人妻問題(2002年)、そして人口減少時代の到来をみすえた移民政策の立案(2004年)など、出入国管理行政上の困難な課題と取り組んだ。

行政官時代、当面する最重要課題にひとりで立ち向かい、休まるひまがなかった。非難・罵倒・脅迫の集中砲火を浴び、心おだやかな時は少なかった。艱難辛苦に耐える道を歩んだが、本業のかたわら論文を書くのが心の支えになった。『今後の出入国管理行政のあり方について』(1975年)、『在日韓国・朝鮮人政策論の展開』(1999年)、『日本の外国人政策の構想』(2001年)、『入管戦記』(2005年)などの移民政策関係の著作や、入管法のコメンタールを書き続けた。

ルーチンワークを終えた深夜、移民政策について思索にふけるのが何よりの楽しみであった。政策論文を書くという精神安定剤を持っていたので、反坂中の空気が充満する世界で何とか生きてこられたのだと思う。入管退職後は、論文の執筆に専念している。文筆に親しむ坂中英徳は老いてなお元気である。72の今が人生の盛りなのかもしれない。

文筆人生を振り返ると、特にタブーとされる難題に挑むにあたっては、行動を起こす前に問題提起と決意表明の文章を全国紙や雑誌に発表するのを常とした。公表することで政策の実行を国民と約束し、退路を断って政策の実現に努力した。

私の一生を一言でいえば、坂中英徳の単数意見を国民の多数意見に変えるべく努めた人生と言える。言い換えれば独創的な論文に始まり独創的な論文で終わる一生である

山あり谷ありの人生行路であったが、自分が選んだ道である。今は、好きな知的生産活動を心ゆくまでやらせてもらったことに感謝している。移民革命家の思想・信条・表現の自由がパーフェクトに保障される時代とめぐりあった幸福をかみしめている。もし幕末の日本に生きていたら私のようなラジカルな開国派は過激な鎖国派から真っ先に殺されていたであろう。

« »