坂中英徳が理想の移民国家構想を立案できた理由

坂中提案

私は在日朝鮮人政策を筆頭に移民政策に集中的に取り組んできた。40年間、移民政策一本槍の人生を歩んだ。誰もが恐れをなして触ろうとしない移民国家構想の立案に捨て身で臨んだ。

1975年に『今後の出入国管理行政のあり方について』という典型的な政策論文を書いたことで私の進む道は決まった。それをきっかけに移民政策にテーマを絞って研究と実践を積み重ねてきた。法務省を退職した2005年には外国人政策研究所(現在の一般社団法人移民政策研究所)を設立した。以後、移民政策の理論的研究に専念する日々を送っている。

移民政策関係の著書は20冊余を数える。切れ目なく移民政策論文を書き続けた。幾つかの論文は社会に衝撃を与えた。移民政策研究の白眉といえるのが最新刊の『新版 日本型移民国家への道』(東信堂)である。

振り返ると、移民政策の立案者は私以外に現れなかった。百年の計の国家政策を立てるのは年季の入る仕事なのだろう。長年、移民政策の理論的研究と実践の分野で私の独壇場の時代が続いている。移民国家の議論が本格化し、新しい国づくりに多数の専門家の協力を必要とする我が国にとって、このような状況は決して好ましいことではない。

どうしてこういうことになったのか。最近まで政治家・行政官・研究者は移民問題をタブー視してきた。当然ながら、危険を冒して移民政策の立案と取り組む官僚や学者などは出てこない。その結果、移民政策の専門家が不在の今日の事態を招いたのだと考えている。

付言すると、四面楚歌の状況が続いたが、永田町、霞ヶ関から坂中移民国家構想に対する批判は一切なかった。日本政府は異端者の移民革命思想に寛大であった。おかげで完成度の高い理想的な移民政策を構築できた。

« »