坂中英徳が日本に存在するのは不思議という話

坂中提案

 最近、私の移民政策を評価する在日アメリカ人から、「坂中さんのような人物が日本に存在するのは不思議だ。どのような人間なのかに関心がある」と言われた。そんなことをいわれても困る。私が答を出せるはずがない。ただ、「日本に存在するのは不思議」とまで言われると少し気になる。人生において「天命」も「運」も「奇跡」も存在すると信じるたちであるからだ。

 以下で、坂中による自己分析を試みる。いや、そんなおおげさなものではない。下手な自画像をかく。坂中理解の一助になれば幸いである。

 今、私の人生において1975年の坂中論文以来38年ぶりにゆったりした気分にひたっている。ようやく心やすらかな心境になった。これからは胸を張って大道を行こうと思っている。

 どうしてこういう気持ちになったのか。何も欲しない。何も恐れない。何も心配ない。身を捨てる覚悟を決めた。自分の責任を果たした。移民国家の礎を築いた。だから安心立命の境地に達したのだろう。

 自分の能力以上の仕事を成し遂げたと思うが、それは天の助けがあったからこそできたのだと思うことにしている。なぜか苦境に立ったときにはいつも天が救ってくれた。奇跡が起きたとしか言いようがない。

 やりたいことを思う存分やった。天は私のすることを見ているから間違ったことはできないと肝に銘じ、決断し行動してきた。おかげで有言実行の生き方を貫くことができた。正論をはき、正義を守ることができた。

 恥じることのない職業人生だった。泥沼に足を突っ込み、もがき苦闘する、あまりにしんどいことばかりだったが、密度の濃い役人生活をすごすことができた。世の中に波乱を巻き起こし、万丈の気をはいた。悪戦苦闘の連続の中で奇跡と遭遇する貴重な体験をした。
 
 若いころは平穏な人生を望んでいた。こんな劇的な生き方が待っているとは夢にも思わなかった。人生は不思議なものだ。どんなハプニングが起こるかわからない。晩年になって人口崩壊の危機に直面する日本を救う「移民革命の先導者」の役が回ってきた。

 私は幸運の星の下に生まれた人間なのだろう。平成の世に生きる日本人の中で最もやりがいのある仕事が与えられた。天命として謹んで受ける。天は不器用な人間に運を降り注ぐのではないか。

 理性的に考えると、日々の努力と決断の積み重ねで今の自分があるということなのだろう。すべて自分の責任である。自分が選んだ道である。しかし、そこにはなにほどかの運が働いたと考えている。

« »