坂中移民政策研究所長は何者

坂中提案

2014年の春、私の移民国家構想を評価する在日アメリカ人から、「坂中さんのように日本人ばなれした大構想を提案する人物がいるのは不思議。どんな人間なのかに興味がある」と言われた。そのとき、「そんなことを聞かれても自分ではわからない。そもそも『坂中英徳は何者なのか』について考えたこともない」と答えた。

自分ではひとかどの人物でも何でもなく、日本人の血が通った普通の日本人だと思っている。だが世間はそうは見てくれないようだ。移民革命家というあまりおだやかでないレッテルを貼られる一方で、1970年代の坂中論文から2000年代の移民国家構想まで、やることなすことすべてが批判・罵倒の対象となった。右翼からも左翼からも保守派からも過激派からも、これほど全面的かつ激しい言葉で非難・中傷を浴びた日本人は珍しいのかもしれない。

島国根性の持ち主が多い国内では私の移民開放政策を支持する日本人はほとんどいなかったが、世界のジャーナリストと知識人はいつも私の味方であった。外国人に閉鎖的な日本社会でタブーに挑戦する変わり種の日本人が立てた型破りの移民政策を評価し、「坂中英徳」を世界に売り出してくれた。

付言すると、世界の知識人から「ミスターイミグレーション」、「救世主」、「革命家」などの形容詞をつけられた。これらの異名は、坂中英徳の実績と人となりを表現していると言えなくもない。それは私にとって最高の勲章といえるのかもしれない。

欧米の知識人にとって坂中英徳は「ミステリアスな存在」に映るようだ。仲間うちだけで談合して国家の大事を決める日本社会から、世界的・人類史的視点に立った移民政策を提言する日本人が現れたことが理解できないようだ。

世界の先頭を切って人類共同体社会=地球共同体社会の創造という世界平和構想を提唱しているが、私の思想的立場はアニミズムの世界観を持つ縄文人(狩猟採集民族)の思考と基本的には同じだと思っている。移民政策一本の生き方を貫く不器用な日本人である。単純明快で直球勝負の人間である。損得勘定ができない古いタイプの人間である。

あえて言えば、「サムライの美意識の影響を受けた移民革命の先導者」というあたりが的に近い人物像なのかもしれない。

« »