1. TOP
  2. 政策提言
  3. 坂中移民政策研究所所長は何者

坂中移民政策研究所所長は何者

坂中移民国家構想を真っ先に評価し、世界に向けて発信したのは慧眼の外国特派員たちだった。 国内で暗闇状況が続く中、一筋の光を投げかけてくれた。日本の移民政策のスペシャリストが提案する移民国家ビジョンが世界のジャーナリストの注目の的になり、日本オリジナルの移民政策は普遍妥当性を有すると自信を持って国家的危機に臨むことができた。

2014年の春のことである。私の移民国家ビジョンを評価する在日アメリカ人から、「坂中さんのように日本人ばなれした移民国家構想を発案する人物がいるのは不思議。どんな人間なのかに興味がある」と言われた。そのとき、「そんなことを聞かれても自分ではわからない。そもそも『坂中英徳は何者か』について考えたこともない」と答えた。

自分では国家の大事を成すような人物ではなく、日本人の血が通った普通の日本人だと思っている。だが、世間はそのようには見てくれないようだ。革命家というあまりおだやかでないレッテルを貼られる一方で、1970年代の坂中論文から2000年代の移民国家構想まで、する事なす事のすべてが批判と罵倒の対象になった。右翼からも左翼からも、保守陣営からも革新陣営からも、これほど全面的かつ過激な言葉で非難と中傷を浴びた日本人は少ないのではないか。

島国根性の持ち主が多い国内では私の移民開放政策を支持する日本人は皆無に等しかったが、世界のジャーナリストはいつも私の味方であった。日本のマイノリティ問題に詳しい日本人が提唱する独創的な移民国家ビジョンを評価し、坂中英徳を「移民政策のエキスパート」(ワシントン・ポスト)の名で世界に紹介してくれた。

また、世界の知識人から、「ミスターイミグレーション」「救世主」「革命家」という恐れ多い形容詞をつけられた。これらのニックネームの数々は、私の足跡と人となりをずばり衝くものと言えなくもない。それらの異名は私にとって最高の勲章といえるのかもしれない。

欧米の知識人にとって坂中英徳は「ミステリアスな存在」に映るようだ。仲間うちだけで談合して国家の大事を決める日本社会から、世界的・人類史的視点に立って日本独自の移民国家ビジョンを日本政府に建白する日本人が現れたことにびっくり仰天したということではないか。

世界の先頭を切って人類共同体社会=地球共同体社会の創造という世界平和構想を提唱しているが、私の発想の原点はアニミズムの世界観を持つ縄文人 ( 狩猟採集民族 ) が抱いていた平和志向の精神生活と基本的に同じだと思っている。移民政策のことしか頭にない不器用な日本人である。江戸時代の古武士のような古いタイプの人間である。あえて言えば、「サムライの美意識に憧れる移民革命家」というあたりが的に近い人物像なのかもしれない。

2015年の夏、米国人フリーランスライターが日本の移民政策の動向に関する取材で訪ねてきた。ジェシカ・ワイスバーグ氏は2時間の討論の終わりに、英語論文『 Japan as a Nation for Immigrants 』を読んで感動したと述べた上で、「坂中さんのようなスケールの大きい人物が日本に存在するのは驚き」「文明論的視点から遠大な移民国家論を展開しているが、このような論文を書いた秘訣は」「坂中さんが最も影響を受けた学者は」など、日本の移民革命を先導する坂中英徳という「人間」に関係する質問を連発してきた。自分が何者なのかについてこれまで真面目に考えたことがなかったので答に窮した。それで、とっさの思いつきで以下のように答えてその場を切り抜けた。ちなみに、影響を受けた学者として、ダーウィン、マックス・ウェーバー、ケインズ、レヴィストロース、梅棹忠夫の名前を挙げた。

〈私は日本人の中で特異な人種に属するが、海外の知識人から多くの通り名をいただいた。「救世主」、「移民革命の先導者」、「ミスターイミグレーション」、「移民政策のエキスパート」などの通称をつけられた。これらの呼び名は外国の知識人の坂中評価の表れといえなくもない。以上のニックネームから坂中英徳がどういう人間かを知るヒントが得られるかもしれない。〉

インタビューを終えて、『入管戦記』(講談社、2005年)と『新版日本型移民国家への道』(東信堂、2014年)を謹呈した。日本語が堪能な彼女は拝読しますと述べた。京都人の美意識に憧れる米国人が、日本の伝統的な精神風土から突然変異体として飛び出した異色の日本人をどのように描いたのだろうか。

ここから話題が変わる。私は世界経済フォーラム主催の「移民に関する世界有識者会議」
(2010年11月29日から12月1日、於アラブ首長国連邦のドバイ)に参加した。この会議には、国連難民高等弁務官事務所、ヨーロッパ委員会および世界銀行の移民・難民担当の責任者を含む、長年移民政策の立案と実行にかかわってきた世界の有識者12名が集まった。会議の目的は、リーマン・ショック以後の世界の移民政策は行き詰っているとの共通認識のもと、20年後の世界をみすえた新しい移民政策の理論的枠組みを構築しようというものであった。

私は同会議において英語の小論文『坂中英徳の日本型移民国家宣言』を提示し、移民政策の世界的権威に批判と助言を仰いだ。具体的には、日本が移民政策を立案するに当たっての参考意見と日本型移民国家宣言に対する見解を求めた。

すると、移民政策研究の世界的リーダーで同会議の議長を務めたデメトリーG・パパデメテリゥ氏から、望外のコメントが寄せられた ( 2010年12月10日付けのメール ) 。

〈あなたの論文は、私がこれまで読んだ移民政策分野のどの論文よりも新鮮で創造性が豊かなものです。なぜなら、移民受け入れと社会統合という両立しがたい難問を解決しようとしているからです。提案の「言語教育、職業訓練、文化教育を行って、移民を日本に迎える」という戦略は、人口統計学的なメリットとともに、若い移民に焦点を当てている点がすばらしい。また、移民に対する永住権 ( 究極は市民権 ) の付与を強調されているが、それは「日本は外国人を受け入れる責任と準備ができている」ことを移民に理解してもらうための最善の方法です。〉

世界の移民政策理論の権威は日本人の立てた移民政策のどの点を評価したのだろうか。私の想像だが、日本の知的風土に根ざした「日本型」の移民政策の持つ創造性に驚いたのではないか。

さて、洋の東西を問わず、国家存亡の危機の時代には、将来の国民から国を救うよう指名されたかのように、革命家が現れるものである。言うまでもなく、今日の日本が直面する最重要課題は、年少人口が激減する人口崩壊の危機をいかに克服するかである。政府が人口崩壊を止める根本的な政策を立て、それを直ちに実行に移さなければ、社会、経済、財政、国民生活の全面崩壊は避けられない。

「人口崩壊を止める根本的政策」として何が考えられるのか。国家公務員を辞した2005年から今日まで、移民政策研究所の所長を務める私は、国民と国が一丸となって移民鎖国体制を打破し、 移民国家体制を確立しない限り、人口崩壊=日本崩壊は止められないと主張している。しかし、私の提案に耳を傾ける政治家はいない。移民問題について真剣に考えている政治家もいない。自由にものが言える大学教授もジャーナリストも移民政策の推進で論陣を張る勇気はない。

移民政策に展望が開けない四面楚歌の状況が続く中、前途に光明を見いだす一つの出来事があった。2012年10月21日の『ジャパンタイムズ』に「移民が日本を救う」というタイトルの記事が掲載されたのだ。この記事を書いた在日米国人のマイケル・ホフマン氏は坂中英徳を「移民革命の先導者」と命名した。

私はこのジャパンタイムズの記事から難関を突破する元気をもらった。また、これで「移民が日本を救う」というアイディアが国の内外で認知されると思った。役人時代の私はミスター入管で通った体制派の人間であったが、これからは革命家という日本の精神風土にはなじまない名前を背負って生きていくしかないと覚悟した。

国家公務員としてのキャリアを積んだ私がなぜ移民革命の先導者と呼ばれる危険人物になったのか。そのとき私は、時代の要請と坂中英徳の実績が合致して移民政策研究所長が移民国家を創建する立役者に推されたのだと理解した。

2012年10月21日は、「坂中英徳が革命家になった日」として忘れられない日になった。