坂中提言は超党派で取り組む政治課題

坂中提案

もともと移民国家のアイディアは坂中英徳の心に浮かんだ小さな夢にすぎないものだった。ところが、人口崩壊の危機に瀕した日本の未来は、私の夢がかなうかどうかにかかることになった。私ひとりの夢で終わらせるわけにはいかないのである。何としても移民国家創成の夢を現実のものしなければならない。

この数年は必死の思いで移民政策論文を立て続けに書いた。その総仕上げの著作が『日本型移民国家の創造』(東信堂、2016年4月)と題する本である。移民国家の設計図を書き上げ、移民国家理論の先駆者の責任を果たしてほっとした。そして同年8月3日。尊敬する野田一夫先生の肝いりで友人諸氏が集まってこの本の出版記念会が開催された。

移民政策に理解のある国会議員6人の参加があり、自民党、民進党、公明党の各政治家から身に余る言葉をいただいた。長年の坂中英徳の労を多とすると述べたうえで、「一緒に協力し新しい国を創ろう」と、私との間でエールの交換があった。その時、私の使命感が政治家の心を動かし、移民国家構想は政治家に引き継がれるとの思いを強くした。

また、熱血官僚たちの激励の言葉も相次ぎ、約60人の同志が集まった会場は移民政策一色の熱気に包まれた。野田一夫先生は「移民国家の建設をめざす国士の決起集会のようだ」と感想を述べられた。各位から心のこもったスピーチをもらった私は感涙が止まらなかった。

わたしは、坂中構想が日本の最重要の政治課題と認知されたこの日を決して忘れない。「2016年8月3日」を境に、坂中提言は超党派で取り組む政治課題に発展すると直観した。移民政策に関し、移民排斥を主張する極右政党は現れず、遠からず全会一致で移民賛成の合意が成立するという感触を得た。

« »