1. TOP
  2. 政策提言
  3. 圧巻の論文人生

圧巻の論文人生

以下は、この14年間に発刊した移民政策関係の著作一覧である。そのひとつひとつに渾身の力を込めた。すべて自分の頭から絞り出した思想である。西洋の借り物の思想は一つもない。内容的にも質的充実に努めた。人類共同体論、日本革命論など気宇壮大な政策提言が新たに加わり、問題意識も世界の移民政策のあり方にまで広がり、思想が深化し、説得力を増したと思っている。

以下に掲げる著作物の全体が日本型移民国家の理論体系の根幹を構成する。この坂中英徳移民政策論文全集が、日本を理想の移民社会へ導く教科書として活用されることを希望する。

①『脱北帰国者支援は私の使命』(脱北帰国者支援機構、2005年)

②『移民国家ニッポン――1000万人の移民が日本を救う』 (共著、日本加除出版、2007年)

③『日本型移民国家の構想』(移民政策研究所、初版2009年6月、増補版同年9月)

④『Towards a Japanese-style Immigration Nation』(移民政策研究所、2009年)

⑤『北朝鮮帰国者問題の歴史と課題』(共著、新幹社、2009年)

⑥『日本型移民国家の理念』(移民政策研究所、2010年)

⑦『日本型移民国家への道』(東信堂、初版2011年、増補版2013年、新版2014年)

⑧『人口崩壊と移民革命――坂中英徳の移民国家宣言』(日本加除出版、2012年)

⑨『Japan as a Nation for Immigrants 』(移民政策研究所、2015年)

⑩『日本型移民国家の創造』(東信堂、2016年)

⑪『私家版 日本型移民国家が世界を変える』(移民政策研究所、2016年)

⑫『私家版 東京五輪の前に移民国家体制を確立したい』(移民政策研究所、2016年)

⑬『私家版 日本の移民政策の展望』(移民政策研究所2017年)

⑭『私家版 坂中移民政策論集成』(移民政策研究所、2017年)

⑮『私家版 移民国家の歴史を記録するのは私の使命』(移民政策研究所、2017年)

⑯『日本型移民国家の世界的展開』(移民政策研究所、2018年)

⑰『日本の移民国家ビジョン』(移民政策研究所、2018年)

⑱『新版日本の移民国家ビジョン』(移民政策研究所、2018年)

我が人生を一言でいうと、独創的な論文で始まり独創的な論文で終わる人生と要約できる。これ以上の中身の濃い人生はあまり例がないのかもしれない。ただし、44年の論文人生において喜びの気持ちを味わったことはない。つらかったことしか思い出せない。論争的・挑戦的な政策論文を書く時には七転八倒の苦しみを味わったのだろう。