国際人材不在の企業は世界に飛躍できない

坂中提案

 グローバル時代の今日、世界のことに精通している国際人材が不在の企業は世界に飛躍できない。

 海外相手に仕事をする場合、日本人だけで企業経営をやっていたのでは、世界市場で勝ち残れない。外国人の趣向や価値観をよく知る人材が社内にいないと、海外の顧客にどんな商品を提供すれば売れるのかわからない。

 日本企業のきめ細かなサービスや精巧な製品自体はすばらしいものであっても、外国人の好みに合わなければそれは売れない。

 そういった外国の伝統文化や外国人のものの考え方について日本人は十分理解できないところがある。だからこそ海外事情に詳しい外国人を積極的に採用する企業が増えているのだろう。

 企業が外国人を採用する場合、人事、給与、昇進などは日本人と平等にすべきだ。自由競争、実力主義が原則だ。日本人と外国人とのスタートラインを一緒にし、有能な人材であれば、国籍を問わず抜擢する。企業のトップに外国人新卒者が昇進できる道も開くべきである。

 そのようにしないと志のある外国人材は日本企業にきてくれない。企業には数十年先を見越した外国人採用計画を期待したい。

« »