国民的リーダーの出現を待つ

坂中提案

近ごろ、天職とめぐりあった晩年をいかに生きるべきかを考えることが多い。移民革命の先導者の天職を与えられ、新しい国を創造する天命を授かった幸運に感謝する日々である。同時に責任の重さがひしひしと胸に迫る。

いよいよ坂中構想の運命の決まる日が近づいたと感じる。移民革命の機は熟した。人口秩序が崩壊する日本の窮地を救う移民国家大計をうち立てた。移民政策を支持する若者が急増した。最後に残された仕事が、移民立国の歴史的決断を政府にお願いすることである。

この大詰めの仕事は多くの人々の協力を得る必要がある。移民革命の先導者と呼ばれている「坂中英徳」の責任で国民の多数が移民を歓迎する世論をつくり、国民の多数が移民開国を政治家に迫る形で――つまり国民主導の民主的な方法で移民革命を成し遂げたいという大願を抱いている。

移民国家の建設のような世紀の大事業は、幕末の吉田松陰、坂本龍馬らのごとき、20代の志士が決起しないと成功しない。今こそ平成の若き侍たちが移民国家の創建のため行動を起こす時だ。いつの時代も歴史を動かすのは決まって若い人たちだ。新鮮な発想と行動力のある若き精鋭たちが新国家建設の主役を演じ、移民政策に精通する古老が後方からそれを支えるのが、理想的な革命のやり方である。

移民国家・日本を背負う人材にバトンをつなぐのが私の使命である。そのことについては心配していない。私は25冊を超える移民政策関係の著作を世に送り出した。魂がこもった論文を読んで私の考えに共鳴する日本人が輩出すると固くと信じている。その中から移民革命の先頭に立つ国民的リーダーが現れるだろう。

« »