国民の多数意見に基づき移民国家を創建する

坂中提案

移民政策一本の行政経験を生かし、移民法の制定、移民協定の締結、移民政策基本会議の設置、入管法の改正などの移民法制のあり方を含む、直ちに移民国家への移行可能な具体策を提案している。人口秩序の崩壊という緊急事態に対処するための実践的移民政策だと自負している。しかし、著作の形で発表した日本型移民政策の提言は、2005年から現在まで、日本の知的世界で論評の俎上に載ることすらない。

そんな冬の時代、移民、移民と何年も言い続けた結果、まさかの奇跡が起きた。12年前の移民賛成ゼロから、今日の移民賛成51%(2015年4月の朝日新聞の世論調査)へと、国民の多数が移民政策を評価する新しい局面を迎えた。あと一歩のところまできたと思うが、この程度で満足し、立ち止まってはならない。もうひとつ上を目指す。ただ、乗り越えるべきハードルは高いと感じる。総じて国民は移民問題に無関心である。どうすればこの強固なる世論の壁を突き破り、移民賛成の世論を一気に高められるか。

ひとえに移民政策のオピニオンリーダーたる私の責任である。移民の受け入れの必要性と緊急性について多数の国民の理解を得るためさらに努力を重ねる。たとえば、日本の移民開国の世界的意義、移民法制の具体的内容、移民政策と社会保障制度の関係などを国民に繰り返し説明する。幸い創作意欲は旺盛である。これからも新鮮なアイディアが詰まった著作を刊行する。

実を言うと、私は、国民の70%が移民受け入れに賛同する世論を形成し、国民の多数意見に基づき移民国家を創建するという大きな望みをいだいている。事柄の性格上、移民開国をめぐる議論は民族感情がからみ、国論を二分する激論や血が流れる革命に発展することがある。しかし、もし日本が民主的手続きにより平和的に移民国家へ移行すれば、国民の多数が移民賛成で立ち上がった民衆革命として世界の評判になろう。

« »