国民の分断を防止する方法は移民政策しかない

坂中提案

超少子化・超高齢化の日本社会では、膨れ上がる一方の社会保障費の負担をめぐって負担者の若年層と受益者の高年層の世代間闘争が激化し、社会が二つに割れるおそれがある。社会統合の事実上の破たんである。

最悪の場合、同じ国民が憎悪むきだしの死闘を演じることにもなりかねない。こんな恐ろしくて悲しいことは世界の歴史にも例がないのではないか。

それだけではない。日本人が培ってきた和の精神も非常時に助け合う美風も完全にそこなわれてしまう。

国民の分断という、絶対あってはならないことを未然に防止する方法は、減少の一途をたどる若年人口を補充する移民政策しか考えられない。

最低限の社会保障制度を後世の人々に残すことを可能にする移民政策の必要性について世代を超えての国民合意を取り付けるのは政治の責任である。

« »