国内人口移動の時代から国際人口移動の時代へ

坂中提案

人類史は地球上の新たな土地を求めてのヒトの移住とそこでの定住の歴史であった。現代は国民国家の時代であり、人類は多数の国民に分かれて生活しているが、歴史をさかのぼれば国民はすべて新天地をめざして移住してきた移民とその末裔である。

地域社会から住民(国民)が消えてゆく人口激減時代の日本は国際人口移動に活路を見出すしかない。将来の国民として海外から「移民」を迎えるのだ。
 
明治時代から戦後の初期にかけて日本の農村地帯は人口過剰が大きな問題であった。大量の若年人口が職を求めて都市部に移住した。農村部の有り余る人口が生産労働人口として経済の発展を支え、日本は驚異的な高度経済成長を成し遂げることができた。

翻って今日、第一次産業地帯は深刻な後継者不足と人口激減で崩壊寸前の町や村が多い。地方は人材が枯渇し、大都市に人口を送り出す余力がなくなった。150年ほど続いた農村部から都市部への国内人口移動の時代は終わった。それの意味するところは何か。日本経済の凋落の始まりである。日本列島全域で経済活力が失われ、日本経済は坂道を転げ落ちるように衰退の一途をたどる。

首都東京も例外ではない。東京への一極集中が問題になっているが、社会移動による人口増加が止まると、出生率が全国最低水準の東京は人口の激減に見舞われる。移民政策をとらない場合の50年後の東京は、高層ビルはあっても人はいないゴーストタウン現象があちこちで見られるであろう。

いっぽう、職業選択の自由と居住移転の自由が保障される日本国憲法の下で、経済的・文化的に恵まれた東京から地方への人口移動の波が起きる可能性は少ない。生活水準の低い地域から高い地域へ移動するというのが人間の一般的傾向である。政府が移住を強制でもしない限り、水を低いところから高いところに流すがごとき「人口移動の逆流」を起こすことは至難の業だ。

洋の東西を問わずいつの時代も国民の最大関心事は生活の安定である。国内人口移動の流れが細る時代の社会と経済の活性化には、国際人口移動の活用、すなわち、移民の生活環境を整え、世界から前途有為の人材を惹きつける移民政策に国運をかけるしかない。

« »