国内人口移動が滞る日本経済は衰退の一途をたどる

坂中提案

明治時代から戦後の初期にかけて日本の農村地帯は人口過剰であった。大量の若年人口が都市部に移住した。農村部の有り余る人口が生産労働人口として経済発展を支え、日本は驚異的な高度経済成長を成し遂げることができた。

翻って今日、第一次産業地帯は人口減で崩壊寸前の町や村が多い。地方は人材が枯渇し、大都市に人口を送り出す余力がなくなった。明治以来続いてきた農村部から都市部への人口移動の終焉が近い。それは何を意味するのか。日本経済の弱体化の始まりである。日本列島全域で経済活力がなくなり、日本経済は坂道を転げ落ちるように衰退の一途をたどるだろう。

たとえば首都東京である。社会移動による人口増加が止まると、出生率が全国最低水準の東京は人口が激減していく。50年後の東京はいたるところで高層ビルはあっても人はいないゴーストタウン現象に見舞われるだろう。

国内人口移動が滞る日本は国際人口移動に活路を求めるしかない。すなわち空前の規模の移民の受け入れである。

いつの時代も国民の関心事は経済問題だ。国内人口移動の流れが細る時代の日本経済の再生には世界から人材を呼び込む移民政策が欠かせない。

« »