1. TOP
  2. 政策提言
  3. 国を存続させるために私たちは何をなすべきか 

国を存続させるために私たちは何をなすべきか 

かけがいのない国を存続させるために私たちは何をなすべきか。何ができるのか。私の答えは決まっている。直ちに移民の入国の扉を開くことだ。世界人材を日本社会の中に取り込むことだ。国民が心を一つにして世界の鏡となる移民社会をつくることだ。それしか日本の延命策はない。

 政治家は移民の助けを求める国民の声に耳を傾けるべきだ。内閣総理大臣は移民開国を決断すべきだ。国民は「社会の一員として移民を温かく迎える日本」をつくる覚悟を決めるべきだ。