千年来つづく最強のタブーと闘っていることを誇りに思う

坂中提案

 移民革命で日本のビッグ・バンを起こそうとしている坂中英徳への罵倒・攻撃が絶えない。インターネットの世界では「移民1千万人の坂中英徳は売国奴」と呼ばれている。特に最近、移民国家の議論が始まったことを受けて、反移民団体が動き出したようだ。私への個人攻撃が増えている。

 このことについては、日本人が不磨の大典として守ってきた移民鎖国体制を打破しようとしているのだから、大きなリアクションがあって当然と受け止める。私が移民反対派・排外主義者の標的にならなければ収まりがつかないのだろう。移民革命運動の先頭に立つ坂中英徳が「悪役」を務める。

 1975年の坂中論文以来、左翼からも右翼からも、過激派からも暴力団からも、ありとあらゆる罵詈雑言・脅迫・攻撃を受けてきた。タブーに挑戦する生き方を貫いてきたから、袋だたきの目にあう日々が続いた。その結果、非難や罵倒に免疫ができている。打たれ強い体質になった。どんな個人攻撃を受けてもひるまない。

 千年来つづく最強のタブーと闘っていることを誇りに思う。良識ある日本国民は「移民お断り」「移民帰れ」と叫ぶ団体にくみしないと確信する。

« »