千年に一度の危機を千年に一度の革命で乗り越える

坂中提案

 
日本の歴史を概観すると、日本人は改革を重ねて生き延びるのは得意だが、根本的変革や革命を好まない民族ではないかと思うことがある。

日本の歴史上、「大化の改新」と「明治維新」はれっきとした新国家の建設であったが、なぜか日本人はそれを「改新」「維新」と呼んで「革命」とはいわない。日本人は国の断絶を嫌い、国の連続性を尊ぶ民族なのだろう。

ところが今日の日本は、世界の歴史にもほとんど例を見ない人口秩序の崩壊という国家的危機にある。私は国家公務員生活の最後の年(2005年)、日本文化の担い手が消えてゆく日本開びゃく以来の危機に立ち向かうにあたって、中途半端な改革をいくらやっても日本民族の永続の可能性は薄いと判断した。そのとき、前例のない国難には前例のない革命で応じなければならないとひらめいた。同時に、移民政策研究一筋の私が移民政策を推進する先駆けをつとめること、千年に一度の人口危機を千年に一度の移民革命で乗り越えることを心に誓った。

そして、その日本史上初めての移民革命のアイディアを、ミスター入管が入管生活を終えるにあたってあらわした『入管戦記』(講談社、2005年3月)の第9章に「2050年のユートピア」の表題で発表した。日本が大きく舵を切って、2000万人の移民を受け入れ、多民族共生社会の理想に向かって一路邁進したという前提で、2050年の日本の未来像を描いた。しかし、当時、『入管戦記』の一節で述べた革命的な移民国家論に注目した日本人は一人もいなかった。

移民1000万人構想の現実みが増した2016年のいまその真意を告白すれば、2000万人の移民に夢を与える移民国家ニッポンの構想を発表するに当たって、ユートピア物語と注意深く予防線を張っているが、もちろん真の意図はそうではなかった。当時、それは日本が解決を迫られる喫緊の国家的課題であると認識していた。わたしは2005年の時点で人口激減による国家制度の全面崩壊に強い危機感を持ち、人口減少問題の究極の解決策としての移民革命思想をいだいていた。

その時から現在まで、執筆活動、講演活動などを通して移民革命のオピニオンリーダーの役をつとめている。国内の一握りの反移民分子から売国奴呼ばわりされているが、世界の知識人の中には「救世主」と評価するむきもある。自分では憂国の思いが強い熱血漢だと思っている。

われわれの祖先は不屈の精神で幾度もの民族的危機を乗り越えてきた。人口ピラミッドの崩壊が引き起こした日本民族の消滅危機も、日本人は民族の底力で克服するだろう。のみならず、移民国家ジャパンは人類共同体の理念を掲げ、世界の少年少女たちが日本に移住したいと憧れるユートピア社会の実現に国を挙げて取り組むだろう。

« »