千年に一回の幸運をつかんだ革命家

坂中提案

2014年末、親しい英国人ジャーナリストから、「革命的な移民国家構想を提言している坂中さんに官邸から圧力がかからないのですか」と聞かれた。私は「四面楚歌の状況に変わりはないが、永田町から坂中構想に対する批判、圧力は一切ない」と答えた。彼は少し驚いた様子だったが、「日本は言論の自由が保障されるいい国ですね」と述べた。

事実、この10年間、日本政府は、移民革命を唱えるラジカルな革命家を敬して遠ざけるというか、自由に泳がせるというか、国家公務員時代の実績に配意したというか、その真意のほどはともかく、坂中英徳を自由放任でほうっておいた。私はそれをいい事に自由自在に移民革命論を展開した。移民政策の立案の世界は私の独り舞台だった。坂中移民政策論に対し異論・反論を寄せる政治家は皆無だった。

私は新刊が出るたびに政府首脳に献本した。坂中移民国家論は年を追って理論体系が整うとともに説得力を増したが、官邸は日本革命論の発展を寛容の精神でウォッチしていたのかもしれないなと最近ふと思った。その何よりの証左がある。2015年6月、内閣官房の主要幹部相手に「日本型移民国家への道」の題目で講演した。20名のエリート官僚は私の話にうなずいていた。講演が終わったとき、20代の若手官僚たちから拍手が起きた。その時、日本は近く移民革命の時代に入ると直観した。

日本の移民政策研究の最高権威が内閣官房で講演をした事実はまたたく間に永田町、霞ヶ関に知れ渡り、政界、官界に衝撃が走ったと思われる。これを移民政策に対する官邸のゴーサインと受け止め、革命の機が熟するのを待っていたかのように政府高官が移民立国に向けて動き出すと予感する。

官邸と移民政策の泰斗との間で、あらゆる政策を動員して1000万の人口増を確保し、50年後も1億の人口を保つという国家目標では一致する。そのような見方が正しいとすれば、「政府の黙認のもとで大きな夢を追い求め、天下国家のことを気宇闊達に論ずる坂中英徳は日本一の幸運児」といわなければならない。日本史上最大の危機を救う革命家を必要とする時代と遭遇したこと、破天荒の移民国家構想をいだく革命家に自由な活動を許す社会とめぐりあったこと、このような千年に一回の幸運をつかんだ革命家がこの世に存在してもいいものだろうか。

移民革命の実践者として日本再建のために余命を捧げ、多くの人々からいただいた厚意にこたえる所存である。
 

« »