1. TOP
  2. 政策提言
  3. 北朝鮮残留日本人問題を歴史の闇に葬ってはならない

北朝鮮残留日本人問題を歴史の闇に葬ってはならない

2010年3月15日、当時の中井洽拉致問題担当大臣は参議院予算委員会において日本人妻の帰国問題について触れ、「あらゆる機会に、この問題を世界に認識してもらい、一日も早く帰国がかなうよう精いっぱい努力する。鳩山首相からは、北朝鮮にいる日本人の生存者をすべて救い出すよう指示されている」と答弁した。北朝鮮に生存する日本人妻らの救出を表明した画期的な国会答弁であった。

この国会答弁に出てくる「北朝鮮にいる日本人の生存者」の中には、在日朝鮮人と結婚して夫と一緒に北朝鮮に渡った日本人妻のほか、もちろん拉致被害者が含まれる。さらに、日本ではすっかり忘れられた存在になってしまったが、北朝鮮残留日本人(その子を含む)も救出の対象者である。

そもそも北朝鮮帰国者問題の歴史を振り返ると、1954年1月6日、日本赤十字社が朝鮮民主主義人民共和国赤十字会に電報を打ち、「終戦後も北朝鮮に残留する日本人の引き揚げが許されるならば、その引き揚げ船を利用して在日朝鮮人の帰国希望者の帰国援助をしたい」という日本政府の意向を伝えたことから始まる。このように、当時の日本政府の主たる関心は北朝鮮に残留する日本人の引き揚げにあった。

しかし、1959年12月14日から始まった北朝鮮帰還事業により在日朝鮮人の北朝鮮への帰国は実現したが、在北朝鮮日本人の帰国は、1956年に36人が帰ってきた以外に、実現することはなかった。

その後は、日本政府が北朝鮮残留邦人の救出に動くこともなく、多数の日本人が北朝鮮に取り残された。このことについては北朝鮮に非はない。邦人保護を怠った日本政府の責任は重大である。

日本に入国した脱北帰国者の数人が北朝鮮残留日本人と会って話したことがあると言っている。年配の婦人と会ったことがある日本人妻は、「日本の方ですね。わたしたちは日本に帰れませんね」と、なつかしそうな顔でさびしげに声をかけられたと語る。

脱北帰国者の話などを総合すると、北朝鮮残留日本人の多くは山奥で集団生活をしており、ジャガイモを主食として命をつないでいるとのことである。

北朝鮮から催促されるまでもなく、政府が人道的見地から、関係者の墓参りや日本人遺骨の返還を求めるのは当然である。しかし、いま政府が真っ先にやるべきことは、存命の北朝鮮残留日本人に救いの手をさしのべることだ。祖国から見捨てられ、北朝鮮に置き去りにされた日本人は、日本に帰る日を夢見、筆舌に尽くしがたい厳しい生活を余儀なくされている。

戦後史の一大痛恨事というべき北朝鮮残留日本人の問題を歴史の闇に葬ってはならない。私たち日本人は、遅きに失したとはいえ、苛酷な国で懸命に生きる日本人をすべて助け出さなければならない。

私は2012年1月、北朝鮮にいる日本人の早期帰国の実現を日朝両国政府に働きかけるため、移民政策研究所内に「日本人妻等定住支援センター」を設立した。もちろん支援対象の中に「北朝鮮残留日本人」(残留孤児を含む)も入っている。

2014年5月29日のスウェーデンでの日朝政府間合意により北朝鮮残留日本人の帰国の道が開かれた。

心ある日本人にお願いがある。北朝鮮から帰ってくる「日本人」を暖かく迎えてほしい。私は問題を提起した責任をはたすため北朝鮮残留日本人の帰国を歓迎する世論を盛り上げるため尽力する。