北朝鮮にいる日本人全員の出国を認めることが国交正常化の大前提だ

坂中提案

北朝鮮が日本との国交正常化を望むのであれば、北朝鮮に閉じ込められている日本人全員の出国を認めることが大前提だ。すべてはそこから始まることを北朝鮮は理解すべきである。

今日の世界では、自国民、外国人を問わず、すべての人の出国の自由は普遍的な権利とされている。世界人権宣言も国際人権規約もこれを明確に定めている。しかし、北朝鮮は世界でも数少ない出国の自由を認めていない国である。特に、外国人の出国を禁止している国は北朝鮮以外にないのではないか。

国際法に従い北朝鮮が出国の自由を認めれば、日本人拉致の問題も日本人妻の帰国問題もすべて解決する。北朝鮮から出国したい日本人が出国し、北朝鮮に残りたい日本人が残ればいいわけである。

国交の正常化と人の出入国の正常化は不可分のものである。日本と北朝鮮の国と国の関係を正常化するというのであれば、北朝鮮からの日本人の出国の自由が確保されなければならない。

日本政府が北朝鮮との国交正常化交渉を進めるに当たっては、まず在北朝鮮のすべての日本人(日本人拉致被害者、日本人妻ら)の無条件の出国を前提条件とすべきだ。

日本人の出国の自由を保障しない国との国交正常化はあり得ないし、また断じてあってはならない。

« »