1. TOP
  2. 政策提言
  3. 前例のない国難にどう立ち向かうべきか

前例のない国難にどう立ち向かうべきか

今日の日本は、世界の歴史にもほとんど例を見ない超少子化と超高齢化の同時進行という国家的危機にある。世界の先頭を切って日本が人口減少期に入った2005年。日本人が地球上から消えてゆく日本開闢以来の人口危機に立ち向かうにあたって私は、中途半端な改革をいくらやっても日本民族の永続の可能性は薄いと直感的に思った。また、「前例のない国難には前例のない革命で対処するしかない」という考えがすぐひらめいた。そのとき、移民政策の立案をライフワークとする私が先駆けを務め、日本民族の消滅危機を千年に一度の移民革命で乗り切ろうと決心した。

そのような私の切なる思いを、入管を退職するにあたって書いた未来志向の論文集――『入管戦記』(講談社、2005年3月)の第9章に、「2050年のユートピア」のタイトルで発表した。日本が大きく舵を切って、2000万人の移民を受け入れ、多民族共生社会の理想に向かって一路邁進したという前提で2050年の日本の理想郷を描いた。

また、2005年の時点において、移民国家という新しい国づくりに挑む以上、私の頭にある構想もアイディアも政策もすべてオープンにして国民的議論を喚起し、できるだけ多くの国民の理解と賛同を得る必要があると考えていた。同時に、異なる民族が大量に入ってくることに対して国民が抱く不安感や警戒心を解くのは容易ではないと予感した。

ライフワークが最終段階に入り、矢も盾もたまらない気持ちに襲われる時が多い私は、残り少ない人生をいかに有効に使うかについて真剣に考えている。仕事を一つか二つに絞る必要があると思っている。具体的に述べれば、移民国家日本の理論的基礎を築くところまでが私の仕事であると割り切ること。新しい国づくりは政治家と行政官の責任で実現してもらうこと。これからの私は新生の移民国家を担う人材の育成に全力を尽くすこと。それ以外の仕事からは手を引くこと。

しかし、私の友人たちは、「坂中英徳のあとに坂中英徳は現れない」と、口をそろえて言う。仮に私の後継者と目せられる人物が出てこなくとも、後世の人々の参考になればと思って40冊余の移民政策論文集を書き残した。これらの著作物を活用し、政治家、行政官、学者らが心を一つにし、かつ日本人ならではの独創性をいかんなく発揮し、移民社会の理想像を創建してほしい。民間からも坂中移民革命思想に共鳴する人々が続出するであろう。それらの群像の中から移民革命に続く日本革命を牽引する国民的リーダーが出現することを心から願っている。