1. TOP
  2. 政策提言
  3. 出稼ぎ留学生の入国を認めてはならない

出稼ぎ留学生の入国を認めてはならない

現在、日本で働く留学生が急増しているが、勉強しながら働く「出稼ぎ留学生」の入国を認めてはならない。週28時間までの就労を可能にしているから様々なひずみや問題が生じているのだ。入管法上の「留学」の在留資格は、もっぱら勉学活動に従事する外国人を受け入れるためのものだ。勉強が半分で就労が半分の外国人のための在留資格ではない。

これほど留学生のアルバイトに寛大な国は日本以外にない。その運用が間違っているから、不法滞在者による犯罪の発生、難民認定の可能性がゼロの元留学生からの難民申請の殺到、ビジネスを目的とする悪質な日本語学校の乱立などの問題が噴出するのだ。出入国在留管理庁は留学生のアルバイトを大幅に制限し、純粋に勉学目的の本来の「留学」の在留資格に戻すべきだ。文部科学省は大学などが日本語や専門技術をしっかり教え込むように指導すべきだ。