内閣総理大臣の英断を期待する

坂中提案

移民国家議論が活発化しているのにもかかわらず、政治家は移民受け入れ問題を政治の争点にすることに抵抗している。アベノミクスの是非と地方創生は政治の主要な争点になっている。しかし、それらの問題の根本原因である人口崩壊問題と、その最有力の解決策である移民政策については政治の争点にすらなっていない。

与野党を問わず政治家は、日本が直面する最大の政治課題=移民問題について議論することを避けている。国家政策の最たるものである移民立国の問題に政治生命をかける政治家は一人もいない。これまで国家百年の計に一家言のある政治家に会ったことがない。日本の政治家はなぜそれほどまでに移民問題を忌避するのだろうか。

私が移民政策に理解のある政治家と議論した経験からいえることは、政治家は国粋主義団体による街宣活動を極度に恐れているということである。移民受け入れ問題のような危険なことにはかかわらないという暗黙の了解が政界で成立しているのではないかと疑いたくなる。

ところが、何が幸いするかわからない。国家の一大事に手をこまねいている無責任政治の極みが、予想外の好結果をもたらした。移民の受け入れでリーダーシップをとる勇気がない政治家に代わって、移民革命を先導する坂中英徳が政治マターに首を突っ込み、40年の移民政策研究に基づき移民国家論の金字塔をうち建てた。『新版日本型移民国家への道』(東信堂、2014年)である。この本が政府高官の心をゆさぶり、日本型移民国家構想がにわかに政治家、官僚の注目の的になった。

どうして日本の歴史を塗り替えるような偉業を成し遂げることができたのか。「義を見てせざるは勇なきなり」という昔の賢人の教えに従って孤軍奮闘した結果である。それにしても、日本滅亡の危機を救いたい一念から出たこととはいえ、政治家の了解をとらず、坂中構想を旗印に事を運んだのは事実である。独断専行のそしりは免れない。

私はこの10年間、国のかたちを変える国家の大計に一民間人が主導的役割をはたしていいものか、政治の覚醒を待つべきではないのかと、政治との関係でずいぶん悩んだ。結局、苦渋の決断であったが、国家の命運がかかる移民問題に関心を示さない政治家の態度に業を煮やし、一か八かで政治の領分に乗り出した。

私は稀に見る強運の持ち主なのかもしれないなと思うことがある。野心的な移民国家像の創作についても幸運の女神は坂中英徳を見捨てなかった。さいわい、日本の未来を決定する移民政策は政争の具にならずにすんだ。誰からも干渉されずにまっしろな紙に新国家の未来図を思うまま描き、移民国家のグランドデザインを10年間で書き上げた。そのうえ、移民革命は上からの革命ではなく、オープンに議論し、国民の総意で決める民主的革命になった。

オールジャパンで国家危機を乗り切る大局的見地に立って考えると、結果オーライということなのかもしれない。しかし、手続き面を重視する立場から、在野の人間の分際で出すぎたまねをしたと批判されても仕方がない。私の越権行為に対する歴史的評価は後世の歴史家の判断にゆだねる。

移民国家への道が山場を迎えたので、政治とどう向き合うかについて、草莽の士の立場を踏まえて慎重に事にあたる必要があると考えている。政治の本質は決断と実行であるが、自由人である私はもっぱら言論で勝負する。移民政策の先導者としてリーダーシップを発揮し、移民政策をとることの必然性について多数の国民の理解を得るために最大限の努力をする。

日本は現在、歴史の岐路に立っている。私は国民世論を移民賛成の方向に導くためオピニオンリーダーの責任をはたした。その結果、2015年4月の朝日新聞の世論調査で移民受け入れに賛成の国民が51%に達した。同年8月の読売新聞の世論調査では、20代の若者の50%が移民受け入れに賛成という、悲願の達成まであと一歩のところまできた。さらに、2016年1月、NHKEテレが、移民政策に関し、「日本人は何を目指してきたのか~未来への選択~」と題する特集番組を報道する。

以上、政治と私との関係のあり方について述べて、今こそ政治の本分を果たすべきときだと政治家に迫った。それが心ある政治家を奮い立たせた可能性がある。日本の政治家の底力を見直さなければならないと反省を強いられる朗報が届いた。

安倍晋三内閣の有力閣僚が移民賛成の立場を打ち出したのだ。2015年11月8日の河野太郎行革担当大臣の移民受け入れ積極発言と、同年11月24日の石破茂地方創生担当
大臣の移民政策推進発言である。突破力が抜群の二人の国士の満を持しての登場である。

時宜を得た正論に閣内不一致の批判は出なかった。自民党内からの批判も見られない。先陣を切った両雄に続き、党首クラスの政治家が一斉に移民積極論を開陳するだろう。これで政界最大のタブーが解かれ、移民開国に向かう政治の流れが加速するだろう。

国の将来を憂える保守本流の政治家が奮起し、移民政策が最終局面に入ったことを受けて、日本政治の存在感を世界に示すためにも、内閣総理大臣の英断で有終の美を飾ってほしい。

« »